【第1回】 大会長 柴田 眼治

柴田 眼治.JPG


『渥美和彦先生との出会い』


柴田 眼治 (シバタ ゲンジ)
日本統合医療学会 山口県支部 支部長
医療法人社団水生会 柴田病院 理事長


このたび平成27年(2015年)12月12日(土)〜13日(日)に第19回日本統合医療学会(IMJ2015山口大会)を山口県山口市内の山口市民会館にて開催いたします。大会長を仰せつかりましたので、微力ではありますが精一杯、重責を務めさせていただきます。
大会テーマは『Art&Science with Humanity』としました。全人的・包括的医療を実践していく上で、私どもの重要なテーマと思います。
私が『統合医療』と出会ったのは、15年前の平成12年(2000年)にまでさかのぼります。渥美和彦名誉理事長が日本医学会総会にて特別講演をされた時でした。大学では消化器外科医として食道がん治療を専門に従事していましたが、当時は、術後のがん再発が多く、ターミナルケアに大変悩んでいました。また、がん以外の病気でも心身の苦痛やSpiritual painに苦しむ方々と共に闘病生活を経験するうちに現代医療だけでは不足していることが判りました。開業した後も活路が見いだせず混沌とした医師人生を送っている最中、統合医療との出会いがありました。私にとって、非常に新鮮で、興味深く、医療に新しい展望が開けたと感銘を受けたのを昨日のことように覚えています。
その後、平成16年(2004年)10月30日には「JACT山口特別大会〜医療と宗教の共鳴〜」を開催し、山口支部が認定され、発足してから早や10年が経過したところです。
山口支部の活動としては、統合医療を自院や地域で行いながらWHOが提言している「心と身体と魂のケア」の実践に励んでいるところです。
地域医療に根差した医療実践を積む中で近年危惧することは、Scienceの発達により現代医療が飛躍的な進歩を遂げ、多様な治療が行えるようになった一方で、誰しもが備え持っていたヒトとして失くしてはならない「大切な何か」を置き忘れてきているように感じることです。そこで、サブテーマは「ヒトはBody,Mind,Spiritの存在」としました。
今の社会は物質的には豊かになりましたが、複雑で多様な構造によって生活習慣病やメンタルヘルスの異常が増加してきています。そんな時代であるからこそ、現代医療に加えて伝統医療や相補代替医療が役立つ時代であり、Spiritualな面からの癒しの提供も可能かと思います。
 ヒトとは何なのか?そして、医療者としてあるべき姿は何か?ということと大会テーマをキーワードに皆様方から活発なご討議が展開されることを期待いたしております。
最後に「明治維新策源の地」である山口市において、当時の幕末維新の志士たちが近代国家づくりに大きな夢を抱いたように、大会に参加された皆様方が21世紀の新たな医療の幕開けを告げる「平成の医療維新の志士」となり、日本医療がさらに前進する事を祈念いたします。本大会を開催するにあたり、IMJ山口県支部一丸となって鋭意準備をすすめて参る所存でございますので、皆様の多数のご参加とご支援・ご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。
                                                                         第19回日本統合医療学会(IMJ2015山口大会)
                                                                                  大会長 柴田 眼治
【略歴】
昭和41年 東京医科大学 医学部 卒業
昭和42年  京都大学医学部第2外科入局
昭和51年  山口大学医学部 第2外科講師
昭和61年 医療法人社団水生会 理事長 就任
平成16年 日本統合医療学会 山口県支部 支部長
第19回日本統合医療学会(IMJ2015山口大会) 大会長

タグ:医師
posted by IMJ2015事務局 at 09:00 | @統合医療との出会い

リレーコラム「統合医療を語ろう」趣意書

謹啓

 時下、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、平成27年12月12日(土)〜13(日)に山口市民会館(山口県山口市)
にて開催されます「第19回日本統合医療学会(IMJ2015山口大会)」に向け、
大会長 柴田 眼治(日本統合医療学会 山口県支部 支部長)をはじめ、
大会準備スタッフ一丸となり、鋭意準備を進めているところでございます。
 この度、大会を盛り上げていく試みとして、「統合医療を語ろう」という
コラムサイトを開設し、Web上において、活発な統合医療の情報発信を
行っていく予定です。皆様方のご来訪心よりお待ちいたしております。

                                              謹白

                           第19回日本統合医療学会(IMJ2015山口大会)
                                        大会長 柴田 眼治
                             (日本統合医療学会 山口県支部 支部長)
                             (医療法人社団水生会 柴田病院 理事長)
posted by IMJ2015事務局 at 08:00 | お知らせ

コラム掲載要項(ご執筆者用)

■「統合医療を語ろう」コラムテーマについて
@統合医療との出会い A私と統合医療 
B実践の中で役立った統合医療 C専門分野からみた統合医療
D統合医療に期待していること Eフリーコラム(健康情報など)

■要項について
 ・コラムテーマは1つでも、複数でも構いません。
 ・文字数は600字〜1,000字程度にてお願いいたします。
 (1コラムにおいて複数テーマを執筆いただく際も文字制限は同様です)
 ・プロフィールは横20文字、5行以内にてお願いいたします。

■写真について
 ・写真掲載については、事務局としては掲載をお願い申し上げますが、
  先生のご意向に準じますので、掲載の諾否をお知らせ下さい。
 ・写真掲載のご快諾をいただいた際は、j-pegデータにてメールをお願いいたします。

■謝礼について
 ・コラムの目的と大会の予算の関係上、謝礼はございません。
  有志によるコラムサイトです。

■コラムの管理・運用について
 ・執筆頂きましたコラムの管理・運用につきましては大会事務局にご一任下さい。

                           第19回日本統合医療学会(IMJ2015山口大会)
                                     大会長 柴田 眼治
                             (日本統合医療学会 山口県支部 支部長)
                             (医療法人社団水生会 柴田病院 理事長)
posted by IMJ2015事務局 at 07:00 | お知らせ