【第4回】西田 輝夫 先生

004西田 輝夫2.jpg


『感覚器と統合医療』


西田 輝夫 (ニシダ テルオ)
山口大学 名誉教授
         

今日,日本は世界で最も長寿(人生の量)を楽しめる国です。昭和22年の統計では,平均寿命は50歳でした。しかし60年以上を経た今日では,男性も女性も80歳以上がこの国での平均寿命となりました。このような長寿国となった背景には,行政による健康保険制度などの充実,社会の衛生環境の改善と,生命を維持するための医学の進歩が大きく貢献しました。人生の量が満たされれば,より充実した人生の質を楽しむ社会が求められてきます。より豊かな人生とは,個人としての健康に加え,社会と十分な関わりを持ち生活していくことではないかと考えます。

私たちを取り巻く環境は,自然環境,社会環境に限らず全てが常に変動しています。このような環境の中で,ある一定の恒常性を維持して豊かな人生を楽しむためには,これらの変動を的確に感知する必要があります。私たち人間は,五感(+第六感)を用いて,様々な自分を取り巻く環境の変化を感じ取り,適切な行動を選択しています。その中でも,見ると言うこと(視覚)により外部情報の80%を手に入れており,見えるということが当たり前のように感じますが,極めて重要です。

円錐角膜という角膜(黒目)の形が円錐状に突出し,物が二重三重に歪んで見え、視力が低下する病気があります。15歳から25歳のいわゆる思春期に発症し進行します。変形している角膜を切り出し,アイバンクから提供された善意の角膜を移植することが,基本的な治療法です。ある日の外来で,角膜移植により視力を取り戻した患者さんが,「先生,私結婚することになりました。」ととても明るい顔で告げてくれました。視力が悪いために今まで自分に自信が持てず,プロポーズを受けていたにもかかわらず結婚に踏み切ることが出来なかったそうです。角膜を提供して下さった方のお陰で視力を取り戻し,ご自分の人生への自信を再び取り戻し,プロポーズを受けられたとのことでした。

目の病気を治して差し上げることは,同時にその方の人生に再び明るさと社会との関わりを取り戻す機会が生まれることでもあります。ここに感覚器医療の大切さがあると考えます。長い間,眼科医療に携わり,単に目の病から開放すると言うことだけではなく,一人の人間として全人的な関わりを患者さんと持つことの重要性を学んできました。病気に対峙したとき,今日の最新・最善の医療技術を用いることは当然大切な基本です。統合医療という考え方は,病んだ臓器や組織を修復させるのみならず,病気により引き起こされた様々な症状を緩和し,人生の流れをどれだけ豊かに出来るかということを求める医療であります。病(やまい)の治癒のその先に楽しめる豊かな人生が生まれるような医療を私たちはさらに求めていくことが大切だと考えます。

【略歴】
1971年 大阪大学医学部卒業
1971年 大阪大学蛋白質研究所代謝部門
1974年 愛媛大学医学部第1生化学教室 助手
1977年 スキペンス眼研究所(ボストン) 研究員
1981年 大阪大学医学部眼科学教室 助手
1984年 近畿大学医学部眼科学教室 講師
1993年 山口大学医学部眼科学教室 教授
2010年 山口大学 理事・副学長
2012年 山口大学名誉教授
2014年 医療法人社団水生会柴田病院 顧問
第19回日本統合医療学会 プログラム委員会 副委員長
タグ:医師
posted by IMJ2015事務局 at 12:57 | C専門分野からみた統合医療