【第7回】相原 由花 先生

相原由花.jpg



『看護から見た統合医療』


相原 由花(アイハラ ユカ)
ホリスティックケアプロフェショナルスクール学院長
兵庫県立大学大学院看護学研究科博士後期課程がん治療学専攻

私は2000年に関西科大学心療内科学講座の「統合医療プロジェクト」に研究員として参加したのが統合医療との出会いでした。様々な補完代替療法家と医師とで結成されており、まさしく西洋医学と補完代替医療が統合をし、一人ひとりの患者に対してオーダーメイドな治療やケアを行うことを目的にした取り組みでした。西洋医学が適応しない、あるいは十分ではないとき、各代替療法家が自分の専門から治療やケアの方法を提示し、患者の了解を得てそれらの方法を提供していきます。慢性疼痛患者がアロママッサージを受け、徐々に痛みを手放していく姿を見るのはとてもうれしいものでした。後に私はがん患者のケアを担当するようになったのですが、その時には「もう治療がないって。見捨てられたと思ってた。でもこんな方法があったなんて、もっと早く知りたかった。」と言われ、その言葉がまだ胸に残っています。

臨床経験の中で、私は次第に患者にとって必要なタイミングに必要なアロマケアを提供できるよう、看護師にアロマセラピーを行ってほしいと思うようになり、思い切って看護の世界に飛び込みました。しかし今までのやり方では打破できない問題に直面してしまうことになったのです。

 それは看護自体が「ホリスティック(全人的)」であり、ケアリングを本質にもち、患者の心・体・魂を癒し、健康だけでなく環境を整えるといった概念を持っているものであるため、補完代替療法がもつ本質と重なる部分が非常に多く、西洋医学との統合のようにお互い役割を分けてそれぞれが実践していくというスタイルが「看護と補完代替療法」には当てはまらないのです。そのためアロマセラピーに対する看護師の関心は高いのですが、いざ看護領域で実践しようとすると混乱が生まれ、「アロマよりも看護を」と言われてしまうのです。

看護領域で行う場合は、アロマセラピーを看護介入の一つとして行うことが必要だと私は思っています。そのためには、患者の世界観を実現することを目的に看護理論や看護手順に合わせ、病気ではなく「人を看る」という看護の枠組みにアロマセラピーを組み入れることがポイントになります。「患者にアロマセラピーをする」のではなく、「アロマセラピーを使って看護をする」という考え方でアプローチ方法を組み立て直すことが、看護における統合医療になるのではないかと考えます。

【略歴】
2000年英国ITEC認定アロマセラピストとなり、
関西医科大学心療内科学講座研究員として臨床と研究を開始。
2010年看護師、保健師を取得し、2009年より潟zリスティックケアジャパンを
設立し臨床アロマセラピストの育成を行う 
 第19回日本統合医療学会プログラム委員

posted by IMJ2015事務局 at 15:59 | C専門分野からみた統合医療

【第6回】諌山 憲司 先生

010諌山.jpg


『統合医療に期待していること』


諌山 憲司 (イサヤマ ケンジ)
広島国際大学 救急救命学専攻 准教授


社会の仕組みの中で、縦割りなど各分野や専門職種間での対立が存在する。医療分野においても同様である。さらに、統合医療の分野においてさえ、信念対立が存在するというのは、理解し難い。本来、統合医療の趣旨は、西洋・東洋医学、TM・CAMを包括し、人の健康(Health)や生活(Life)を医療やヘルスの分野からよりよく継続できるようHLCP(Health & Life Continuity Plan)を提示することではないかと考える。私は、当学会内で唯一の救急救命士であろう。私自身、救急や医学へのこだわりはなく、もちろん救急救命士という資格や職域での信念対立は当学会内ではありえない。救急救命士が、私一人であるからだ。だからこそ、面白い。資格職の慣例や風習にも縛られず自由な発想ができるのではないかと感じている。私は、当学会員として3年ほどと会員経験や統合医療の認識は、決して長く深くない。しかし、当学会内での各資格職間での信念対立を感じることがある。対立している間は、まだ対立する余裕があるのだとも感じている。ただ、日本は現在の超高齢社会だけでなく、今後、顕著な人口減少社会へ向かう。さらに、近い将来、南海トラフ・首都直下地震などネクストクライシスの発生が危惧されている。そんな時代、信念対立している余裕はないはずである。近年では、医療やテクノロジーの進化にも伴い、健常者と障害者、医療者と患者といった区分は成り立たないと考えている。統合医療は次世代の医療やヘルスを担うものだと信じている。しかし、このまま各資格職間の信念対立が残存する限り、担うものには成り得ないだけでなく、旧態依然の医学・医療体系と変わらないものとなる。資格職からのアプローチではなく、各個人として自分の専門+医療・ヘルス以外の分野から様々なアイデアを活用し、医療資格を持たない住民などと共にHLCPを目指す者が集まり、個人のHLCPを深めていく。そこに、統合医療の真髄が活かされることを期待している。

【略歴】
消防本部 勤務, 救助隊員, 救急救命士
専門:博士(医学), 修士(国際関係学) 
日本統合医療学会認定師, 救災
社会災害医学, Survival Healthcare 
 第19回日本統合医療学会プログラム委員

タグ:救急救命士
posted by IMJ2015事務局 at 18:00 | D統合医療に期待していること

【第5回】田中 マキ子 先生

008田中 マキ子.jpg


『私と統合医療』


田中 マキ子 (タナカ マキコ)
山口県立大学看護栄養学部教授 
山口県立大学大学院健康福祉学研究科長 
       
  
 私は、看護職として30数年のキャリアを有しますが、近代科学の成果としての医学への信頼はもとより、伝統医学や相補・代替医療として称される統合医療に大変興味を持つと同時に期待をしています。

 子どもの頃、こんな経験をしました。叔母が、料理中、腕にやけどをしました。我慢強い叔母は、家族に隠し自分でやけどの手当をしていました。小麦粉を練って、腕にあて、熱を取っていたのです。やり方次第では、感染をおこし、皮膚が大変な状況になって・・・等々、言えばきりがなく危険な行為かもしれません。しかし「昔の人は、みんなこうしていた」と、自分で自分の傷を淡々と叔母は手当しておりました。

 できものができやすい人は、ビワの種を煎じて飲むや、疲れがひどい時には石菖根(せきしょうこん=菖蒲の根)を煎じて飲むと、疲労回復・腰痛・物忘れに効果するといわれます。5月になると、この菖蒲の根をよく取りに行ったものです。また、ダイエットがなかなか思うように進まない時には、新月の夜にリセットします。新月の日の夕食を可能であれば欠食するのです。欠食が難しければスープなどで我慢します。日ごろは、夜から朝にかけて500gくらいしか減らない体重が、一気に1kg以上落ちます。こうした素晴らしい医療・癒しの方法がありながらも、イリッチ注1)が指摘する「医療化」の台頭に示されるように、人間が本来持つ癒しの力が減退しているのではないかと心配になります。

私が大学院生の時、夜間救急のアルバイトをしていました。ある夜、幼子を抱えた母親と父親そして祖父母の4人が、心配顔で受診に来られました。診察後、医師は風邪と伝え薬の処方をされました。その薬を見て母親は、「この薬は持っています」と答えたのです。私は不審に思い「どうして持っているのですか?」と尋ねると、母親は「ここは、3件目の受診ですから(同日に3つの医療機関を受診していた)」と答えました。

 こうした現実が、問題と言いたいのではありません。統合医療についての関心や知識があったら、もっと他の対応や処置があったかも知れないと思うのです。自己判断に基づく経験的な対応の弊害はもちろんありますが、安心で健全な毎日を送るために、根拠も明示され、ある意味身近になっている統合医療に触れ、考えてみるのもよいのではないでしょうか。

注1)
イヴァン イリッチが、「脱病院化社会-医療の限界-」の中で、現代の医療システムが「医源病」として人々の健康を脅かしているのではないかと、医療化社会を批判している。

【略歴】
専門は、老年看護学、ポジショニング学です。
九州大学大学院比較社会文化研究科において
「看護婦のBurnout現象からみる医療の問題」で博士号を取得しました。
最近では、褥瘡ケア他「ポジショニング学」を極めています。 
 第19回日本統合医療学会プログラム委員

タグ:看護師
posted by IMJ2015事務局 at 15:29 | A私と統合医療