【第7回】相原 由花 先生

相原由花.jpg



『看護から見た統合医療』


相原 由花(アイハラ ユカ)
ホリスティックケアプロフェショナルスクール学院長
兵庫県立大学大学院看護学研究科博士後期課程がん治療学専攻

私は2000年に関西科大学心療内科学講座の「統合医療プロジェクト」に研究員として参加したのが統合医療との出会いでした。様々な補完代替療法家と医師とで結成されており、まさしく西洋医学と補完代替医療が統合をし、一人ひとりの患者に対してオーダーメイドな治療やケアを行うことを目的にした取り組みでした。西洋医学が適応しない、あるいは十分ではないとき、各代替療法家が自分の専門から治療やケアの方法を提示し、患者の了解を得てそれらの方法を提供していきます。慢性疼痛患者がアロママッサージを受け、徐々に痛みを手放していく姿を見るのはとてもうれしいものでした。後に私はがん患者のケアを担当するようになったのですが、その時には「もう治療がないって。見捨てられたと思ってた。でもこんな方法があったなんて、もっと早く知りたかった。」と言われ、その言葉がまだ胸に残っています。

臨床経験の中で、私は次第に患者にとって必要なタイミングに必要なアロマケアを提供できるよう、看護師にアロマセラピーを行ってほしいと思うようになり、思い切って看護の世界に飛び込みました。しかし今までのやり方では打破できない問題に直面してしまうことになったのです。

 それは看護自体が「ホリスティック(全人的)」であり、ケアリングを本質にもち、患者の心・体・魂を癒し、健康だけでなく環境を整えるといった概念を持っているものであるため、補完代替療法がもつ本質と重なる部分が非常に多く、西洋医学との統合のようにお互い役割を分けてそれぞれが実践していくというスタイルが「看護と補完代替療法」には当てはまらないのです。そのためアロマセラピーに対する看護師の関心は高いのですが、いざ看護領域で実践しようとすると混乱が生まれ、「アロマよりも看護を」と言われてしまうのです。

看護領域で行う場合は、アロマセラピーを看護介入の一つとして行うことが必要だと私は思っています。そのためには、患者の世界観を実現することを目的に看護理論や看護手順に合わせ、病気ではなく「人を看る」という看護の枠組みにアロマセラピーを組み入れることがポイントになります。「患者にアロマセラピーをする」のではなく、「アロマセラピーを使って看護をする」という考え方でアプローチ方法を組み立て直すことが、看護における統合医療になるのではないかと考えます。

【略歴】
2000年英国ITEC認定アロマセラピストとなり、
関西医科大学心療内科学講座研究員として臨床と研究を開始。
2010年看護師、保健師を取得し、2009年より潟zリスティックケアジャパンを
設立し臨床アロマセラピストの育成を行う 
 第19回日本統合医療学会プログラム委員

posted by IMJ2015事務局 at 15:59 | C専門分野からみた統合医療