【第8回】板村 論子 先生

▲板村 論子.JPG


『私と統合医療』


板村 論子 (イタムラ ロンコ)
医療法人財団帯津三敬会 帯津三敬塾クリニック 理事長
一般社団法人日本ホメオパシー医学会 専務理事


今、アリゾナ大学の統合医療センターArizona Center for Integrative Medicine(AzCIM) で行われている統合医療フェローシップ・プログラムの卒業式に参加するためにアリゾナにいます。 このフェローシップはDr.Andrew Weilが1994年に始め、今年で20年になります。私がホメオパシーを学び始めた2000年頃からこのプログラムに興味を持っていたのですが、やっと(円高も追い風となって)受講することができました。ホメオパシーは従来の医療における"疾患"を中心とする医学モデルではなく、病気の"人"の回復を手助けするホリスティックな医療です。精神科医のアーサー・クライマンは"病いの語り"の中で、病いillnessは人間に本質的な経験である症状や患うこと(suffering)の経験であり、一方疾患disease は治療者の視点(近代西洋医学)からみた問題であり、病いを障害の理論に特有の表現で作り直す際に生み出されるものと述べています。近代西洋医学にもとづいた従来の医療は疾患、特定病因論のもとに治療が行われ、医療を供給する側の視点に立った医療システムです(医学モデル)。いままでと視点をかえた医療の受け手である"人"を中心とした医療システムが統合医療だと私は考えています。統合医療は人の人生において、生老病死、健康・未病・病気のさまざまな状態で関わってきます。統合医療とは、これまでの西洋医学に基づいた従来の医療の枠を超えて、種々の相補・代替医療、生きていくために不可欠な衣・食・住、さらには自然環境や経済・社会システムをも包含する医療システムです。フェローシップを卒業するにあたり、病気の"人"の回復を手助けする医療のホメオパシーから、"人"が "生きる"うえで必要な食・運動・コミュニュケーションを含めた統合医療の重要性をより感じるようになりました。まだまだ日本では統合医療は理解されていない状況ですが、統合医療女性の会の活動を通して、今求められている医療、私たちが実践すべき医療が統合医療であることを一人でも多くの人に伝えていきたいと思っています。

【略歴】
関西医科大学卒業後、京都大学大学院博士課程修了、医学博士。
マウントシナイ医科大学留学、東京慈恵会医科大学、帯津三敬病院を経て現職。
第19回日本統合医療学会プログラム委員
タグ:医師
posted by IMJ2015事務局 at 15:41 | A私と統合医療