【第13回】岸 愛光 先生

岸 愛光 写真.jpeg


『私と統合医療』 


岸 愛光 (キシ アイコウ)
日本ヨーガ・ニケタン福岡支部代表
日本ヨーガ療法学会理事

28歳の頃でした。
日本ヨーガ療法学会の理事長である木村慧心師の指導で、内観を体験しました。
その頃私は、体が弱く、またいろいろなことにやる気を失くしていました。
中学を卒業する頃、肋膜炎(現・胸膜炎)を患い、半年ほど自宅療養をしましたが、青春を謳歌している友人たちを見ながら、悶々とした日々を過ごしてそのまま月日が過ぎ、20代も終わりに差しかかる頃、内観を勧められたのでした。
自分勝手な思い込みが、自分で自分を追い込んでいたことに気づき、内観後、私の人生は変わりました。

その頃、ヨーガも習い始めていたので、しばらくすると、木村理事長からヨーガ指導と内観の指導もするようにとのことで、いろいろな人に出会い、さまざまな人生があることを知り、自分だけが悲劇のヒロインのように感じていた幼い心を持っていたことに気づいたのでした。
その後、インドへの修行会にも参加でき、次第に自分に自信が持てるようになっていったのでした。
 更に、内観がヨーガの基本になっていることも学ぶことができました。
 そして、心と体のつながりの深さを知ることができたのでした。
 ヨーガを行うようになってから、私は見違えるように健康になって行きました。

そして、今から26年前、日本ヨーガ・ニケタンの支部を福岡にも開設することになり、赴任することになったのでした。ほとんどつてのない所にほうり出される形でしたが、これがまた更に私を強くさせることにもなったのだと思います。
何かあればやる気を失いそうになる時、逃げ出すことができない状況におかれたことが、今となっては木村理事長の深い考えがあってのことだったように思われます。
まさにそれまでの私は、心身症・うつの状態だったのですが、内観とヨーガによって救われたのでした。
誠に私事で恐縮ですが、上記が私の体験です。

2003年に「日本ヨーガ療法学会」が設立され、私のように苦しんでいる人たちに、ヨーガが療法として生かされ多くの人に役立てられていることを、ヨーガ療法士によって症例が発表されることにより、統合医療の一つであるヨーガ療法を広く皆様に知って頂けるようになりました。
これからも是非多くの皆様に、統合医療を取り入れて頂き、全人的な健康を得、幸せな人生を送って頂きたいと切に願っています。

【略歴】
1949年生まれ。日本ヨーガ・ニケタンで修行を始めて40数年。現在は福岡市在住。
日本ヨーガ・ニケタン福岡支部を拠点に、修行会・ヨーガ療法士養成講座等の
開催・サポートに従事。
タグ:ヨーガ
posted by IMJ2015事務局 at 16:42 | A私と統合医療