【第16回】鈴木 洋通 先生

鈴木洋通.jpg


『統合医療に期待していること』


鈴木 洋通 (スズキ ヒロミチ)
埼玉医科大学腎臓内科 教授

はじめに
 統合医療という言葉は比較的古くから使われており,英語はIntegrative medicineがそれにあたると思われる.Integrative medicineとは別にComplementary and alternative medicine補完代替医療という言葉も用いられている.これがそれぞれに比較的緩い定義で用いられている.敢えていうと2つの異なった概念の物を1つにするという意味で統合医療という言葉が用いられているといってもよい.すなわち,西洋医学と東洋医学の統合,より広くは科学に基づいた西洋医学と伝統的に各地に伝わっている医学との統合といった具合である.この様な概念の統合を試みることも哲学では重要かもしれないが,医療という実践を通して哲学へと止揚されないと実体を伴わないものとなってしまう可能性が高い.医学が本来対象としてきたものは人間が表現する痛み,かゆみといった感覚的不快,恐れや不安といった感情のゆらぎ,それに加えて日々の生活に支障をきたす心肺機能や神経の障害によってもたらせる運動機能の不全,これらを臓器別に原因を突きとめ,それらに外科的・内科的,すなわち切除や結合,薬物による修復調節を図ってきたのが西洋医学とされている.

 一方この様な方法論は,伝統医学とされている古くからの医療はほぼ2000年前位に一つの体系として完成され,以後はその成果を伝承することで使われてきた.翻って医療の基本は何かというと何らかの変調をきたしていることがあったとしても,それをより自然に通常に近づけることで,日々の生活を送ることが出来る様にすることではないだろうか.とくにその様な気運が西欧諸国や本邦で行ってきた背景には,人口の高齢化と生活習慣の急激な変化がもたらしている一つの社会現象として捉えてもよいかもしれない.一方それでは今後,現在の医療体系では誰もが先行かなくなるという漠然とした不安感がひとつの原動力となっていると思われる.

ここでは,それらを踏まえて一つの事象へのアプローチをいわゆる西洋的,東洋的にみてどの様に考えていくのかが統合医療の目指す道ではないかと考えている。

【略歴】
1975年に北海道大学医学部卒業後、慶應義塾大学医学部内科で研修、米国クリ−ブランドクリニック、
慶應義塾大学医学部内科助教授を経て1995年より埼玉医科大学腎臓内科教授。
Total nephrologyのもと腎臓が世界の中心であるとの考え方をもって実臨床に携わっている。
現在は日本統合医療学会理事として統合医療を推進、趣味は 蝶を愛で、ラグビーをエンジョイし、ジャズに浸る。

タグ:医師
posted by IMJ2015事務局 at 15:23 | D統合医療に期待していること

【第15回】和田 雄志 先生

022和田 雅志.JPG


『統合医療とスピリチュアリティ』


和田 雄志 (ワダ ユウジ)
公益財団法人未来工学研究所 理事
日本未来学会 常任理事


 IMJ2015山口大会のサブテーマ「ヒトはBody,Mind,Spiritの存在」について、私の思うところを2点、述べさせていただきます。
 まず大会長のコメントにもありますように、ターミナルケアなどの臨床現場においては、魂の癒し、「スピリチュアリティ」とどう向き合うかは、避けて通れないテーマです。
いうまでもなく、医療は、患者の治療や延命を最大目的としています。日本は世界最高水準の長寿国になった反面、国民医療費は年々増加の一途をたどり、生涯医療費の半分が70歳以降に使われているのも現実です。

延命治療すべてを否定するものではありませんが、生命維持装置につながれたいわゆるスパゲッティ症候群などを見るにつけ、患者のQuality of Death(死をどのような形で迎えるか)、延命治療や尊厳死問題とどう向き合うのか、などについて統合医療学会ならではの多角的視点での議論や具体的な事例紹介を期待します。

 第2は、ヒトは、Body,Mind,Spiritの存在であるだけでなく、「社会的な存在」であるという視点です。医療従事者にとっては、目前の患者に目が向くのは当然ですが、同時に患者の「生活や人生へのまなざし」が不可欠な時代になりつつあります。特に生活習慣病やメンタルヘルスなどの領域においては、病院や診療所内での治療にとどまらず、日常生活の場やコミュニティケアの比重が増加しつつあります。現在、国や自治体が進めようとしている「地域包括ケア」において、統合医療や代替医療の認知度・関与度が極めて低いのも現実です。

 我が国は本格的な超高齢社会に突入しましたが、今後、統合医療の果たす役割はますます大きくなると思います。

 【略歴】
1974年 立教大学文学部心理学科卒業
   同年 財団法人未来工学研究所研究員
   現在 人口減少時代の社会モデル構築、高齢化するコミュニティの再生、
       未来身体(サイボーグ)研究などに取り組む。
タグ:その他
posted by IMJ2015事務局 at 15:46 | D統合医療に期待していること

【第14回】帯津 良一 先生

帯津良一.jpg


『旅の最中で(On the journey)』


帯津 良一(オビツ リョウイチ)
日本ホリスティック医学協会会長
帯津三敬病院名誉院長


 1975年、東京都のがんセンター的役割を担って再出発した都立駒込病院。全国津津浦浦から参集した医師たちはわれらが手でがんを克服してみせるぞとの野望を胸に意気軒昂として仕事に励んでいた。
 食道がん外科チームの一員として、日日明け暮れ手術に精を出していた私の野望に翳りが見えはじめたのはいつの頃からか。局所を見ることにかけては他の追随を許さない西洋医学だか、局所と他との繋がりを見落としているところに構造的限界があるのではと考え、視察のための初めての訪中を果たしたのが1980年。

 その際の見聞をもとに中西医結合によるがん治療を旗印にかかげた病院を郷里の川越に開設したのが1982年11月。その後、ホリスティック医学の洗礼を受け、東京医大の若手医師たちと語らって日本ホリスティック医学協会を設立したのが1987年。
 ホリスティック医学の成就を目指して邁進するなかで、1996年スピリチュアル・ヒーリングの研修ツアーでロンドンを訪れ、補完療法(Complimentary Medicine)の台頭に目を見張る。

 その後、ホリスティック医学を目指す者、ホメオパシーを避けては通れないとの考えから、これまた仲間と語らって日本ホメオパシー医学会を設立したのが2000年の1月。研修のために訪れたグラスゴウでは統合医学(Integrative Medicine)が花盛り。
 そのとき、ホリスティック医学がもたついているから代替療法(Alternative Medicine)が伸して来たんだよ!と吐き捨てるように言ったデヴィド・レイリー医師(グラスゴウ・ホメオパシー病院院長)の言葉が忘れられない。
 代替療法といい統合医学といい、病というステージにおける方法論の問題だがホリスティック医学は生老病死のすべてのステージを対象としている。つまり対象の広さが違うのである。だから統合医学が形を成して来たとき、その前方にホリスティック医学が姿を現すのではないかと思っている。

 ただ統合医学とは文字通り"積分"である。積分するとは双方を一旦ばらばらに解体して、これを集め直してまったく新しい体系を築くことだから、これまた並大抵のことではない。まだまだ旅の最中であることには変わりない。

【略歴】
1936年埼玉県生まれ。東京大学医学部卒。
ホリスティックなアプローチによるがん治療。
日本ホリスティック医学協会会長。帯津三敬病院名誉院長。
タグ:医師
posted by IMJ2015事務局 at 00:00 | A私と統合医療