【第14回】帯津 良一 先生

帯津良一.jpg


『旅の最中で(On the journey)』


帯津 良一(オビツ リョウイチ)
日本ホリスティック医学協会会長
帯津三敬病院名誉院長


 1975年、東京都のがんセンター的役割を担って再出発した都立駒込病院。全国津津浦浦から参集した医師たちはわれらが手でがんを克服してみせるぞとの野望を胸に意気軒昂として仕事に励んでいた。
 食道がん外科チームの一員として、日日明け暮れ手術に精を出していた私の野望に翳りが見えはじめたのはいつの頃からか。局所を見ることにかけては他の追随を許さない西洋医学だか、局所と他との繋がりを見落としているところに構造的限界があるのではと考え、視察のための初めての訪中を果たしたのが1980年。

 その際の見聞をもとに中西医結合によるがん治療を旗印にかかげた病院を郷里の川越に開設したのが1982年11月。その後、ホリスティック医学の洗礼を受け、東京医大の若手医師たちと語らって日本ホリスティック医学協会を設立したのが1987年。
 ホリスティック医学の成就を目指して邁進するなかで、1996年スピリチュアル・ヒーリングの研修ツアーでロンドンを訪れ、補完療法(Complimentary Medicine)の台頭に目を見張る。

 その後、ホリスティック医学を目指す者、ホメオパシーを避けては通れないとの考えから、これまた仲間と語らって日本ホメオパシー医学会を設立したのが2000年の1月。研修のために訪れたグラスゴウでは統合医学(Integrative Medicine)が花盛り。
 そのとき、ホリスティック医学がもたついているから代替療法(Alternative Medicine)が伸して来たんだよ!と吐き捨てるように言ったデヴィド・レイリー医師(グラスゴウ・ホメオパシー病院院長)の言葉が忘れられない。
 代替療法といい統合医学といい、病というステージにおける方法論の問題だがホリスティック医学は生老病死のすべてのステージを対象としている。つまり対象の広さが違うのである。だから統合医学が形を成して来たとき、その前方にホリスティック医学が姿を現すのではないかと思っている。

 ただ統合医学とは文字通り"積分"である。積分するとは双方を一旦ばらばらに解体して、これを集め直してまったく新しい体系を築くことだから、これまた並大抵のことではない。まだまだ旅の最中であることには変わりない。

【略歴】
1936年埼玉県生まれ。東京大学医学部卒。
ホリスティックなアプローチによるがん治療。
日本ホリスティック医学協会会長。帯津三敬病院名誉院長。
タグ:医師
posted by IMJ2015事務局 at 00:00 | A私と統合医療