【第18回】山本 竜隆 先生

山本竜隆.jpg


『自然欠乏症候群に関して』


山本竜隆 (ヤマモト タツタカ)
朝霧高原診療所 院長 富士山静養園 園主


米国では自然欠乏障害Natural-deficit-Disorder(以下、自然欠乏症候群とする)という言葉が使われ始めている。この言葉はLAST CHILD IN THE WOODS「あなたの子どもには自然が足りない」において著者のリチャード・ルーブが提唱。春日井晶子氏の翻訳された本も出版されている。この本では、自然から離れることで人間が支払う対価として、人間の感覚の収縮、注意力散漫、体や心の病気を発症する割合の増加があるとしている。また「指向的集中」と「感応的集中(無意識の注意)が挙げられ、都市型生活では、「指向的集中による疲労」に陥り、その結果、衝動的行動、苛立ち、焦燥感、注意力低下などが現れるという。

自然欠乏症候群には、どのような背景があるのか。人間は数千年、数万年間、自然の中で、自然のリズムに従って生きてきた動物の一種であり、遺伝やホルモンも、その影響が深く刻まれている。つい数世代前までは、太陽や月のリズム、四季の変化、100%自然素材の食材と衣服で、人工音もほとんど無い生活様式であった。しかしここ数十年の、ライフスタイルや環境の変化は、過去数千年の人間の営みからは考えられなかったほど大きなものである。世界の中でも、特に日本の都市生活において、自然欠乏状態は増加しているようだ。我々は、もう原始の生活に戻ることはできないが、不自然な状況が続くことで、さまざまな症状や疾患の出現する可能性は十分にあるように思うのである。

ちなみに医学の父、ヒポクラテスは「自然から遠ざかるほど病気に近づく」という言葉を残している。統合医療の一つの切り口としても、自然欠乏症候群は重要な疾患概念だと考えている。

【略歴】
医師・医学博士
アリゾナ大学医学部統合医療プログラムAssociate Fellow(2000年〜2002年)をアジアで初めて修了。
その後、統合医療ビレッジグループ総院長、中伊豆温泉病院内科医長、
(株)小糸製作所静岡工場診療所所長・産業医などを経て、地域医療とヘルスツーリズムの両輪で
行うWELLNESS UNIONを設立している。
タグ:医師
posted by IMJ2015事務局 at 16:59 | C専門分野からみた統合医療