【第19回】塩田 清二 先生

○019塩田 清二.jpeg


『統合医療に期待していること』

塩田 清二 (シオタ セイジ)
昭和大学医学部顕微解剖学教室 教授 


世界に類を見ない超高齢化社会が現実となりつつある日本において、いかに健康で長寿を全うするかということは、医療の世界のみならず、大変大きな社会問題であるといってよいでしょう。また毎年1兆円づつ増加する医療費の削減をどのようにすべきか、これは早急に解決すべき課題です。統合医療は、まさにこの点において大変重要な役割を演じることは間違いのないことだと思われます。生活習慣病、がん、認知症、精神疾患などの疾患について統合医療がどのように役立つか、その真価が今まさに問われているといってよいでしょう。統合医療は、疾病の予防に力点を置いていることから、医療費の軽減や削減に大きな役割を演じることは間違いありません。これは日本のみならず、世界各国の抱える重要な課題であり、統合医療が今後益々医療の中で重要性をもっていくことは間違いないことだと思われます。

ところで、平均寿命と健康寿命にはおよそ10年のギャップのあることはよく知られた事実です。いかに健康で長寿を全うするかということは、大変重要なことです。私が属している学会はアロマセラピー学会です。アロマセラピーは、単に香りを楽しむだけにとどまらず、精油のもつ様々な生理・薬理作用を利用して医療の場で臨床応用されています。とくに、認知症の予防・改善、がんの終末期医療、緩和医療、更年期障害の治療など、多方面で使われています。アロマセラピーの研究は、基礎・臨床医学研究者のみに限定されず、看護、介護、薬学、化学などの広い分野に関わっています。今後のアロマの研究課題としては、ヒトでの臨床効果についての医学的見地からみた実証試験が大変重要であると考えています。それは統合医療においても同じことだと思います。従来の西洋医学の研究者が、違和感なく統合医療の研究結果を受け入れられるような環境が出来つつあります。その流れに沿った実証的研究が強くのぞまれます。

今後の統合医療に期待していることは、統合医療学会の会員が他の関係学会と深く交流を行い、いろいろな立場の人たちの意見や考え方を学び、それを現場で生かして行くことです。また、世界の国々において実践されている統合医療を学び、日本に即した統合医療を考えて実現すること、それこそが日本の統合医療がさらに大きく飛躍し発展していくために必要なことであると思われます。

【略歴】
早稲田大学教育学部生物学科卒業、医学博士(昭和大学)
昭和大学医学部解剖学教室教授
米国チューレン大学医学部兼任教授
VIP/PACAP およびRegulatory Peptides 国際学会理事
アロマセラピー学会理事長

タグ:アロマ
posted by IMJ2015事務局 at 16:47 | D統合医療に期待していること