【第28回】木村 慧心 先生

▲---木村 慧心.jpg



『専門分野からみた統合医療』


【氏名】木村 慧心 (キムラ ケイシン)
一般社団法人日本ヨーガ療法学会理事長
一般社団法人日本統合医療学会理事


ヨーガ療法が統合医療の末席に加えて頂いて既に10年近くが経ったと思う。当初の私たちは、世間一般のヨーガ関係者がそうであるような、ただ"こんなヨーガ技法があります""こんなことをしたら〜〜になりました"というような話しかできない状態での、統合医療への参加でした。これでは"医療"とは名ばかりの、"たまたま、こんな薬があったから、なめてみたら、案外に効いた!"というレベルのヨーガ指導報告でした。しかし、種々の医療関係者と一緒になって動く過程で「こんな状況では、クライアントの心身状態を見たてることもなく、その見立てに対して、理屈を持っての対処法も考えずに、ただ、自分の知っているヨーガ技法を指導している」のでは、クライアントの心身状態改善は無理であろうと思うに至りました。しかし、伝統的ヨーガは数千年を経ても今なおインドの地は勿論、全世界的に愛好され実習されているわけで、その実習理由は"心身の健やかさが増した!"という事実が数多く報告されています。現に3年前からのPubMedにおける投稿論文数を見ても、例えば、Yoga and cancerは118 →182 →222、Yoga and depressionは137 →267 →330と、増加の一途をたどっています。しかし、それら論文のどれを取っても見立て(診断)と指導(治療)の背景理論が書かれていないのが実情です。そこで私たち(社)日本ヨーガ療法学会では、私の40年前のヨーガ療法学習の恩師であり、当時唯一のヨーガ療法研究所でもあったカイヴァルヤ・ダーマ・ヨーガ研究所の名誉教授でもある医師のM.ボーレ先生や、世界心身医学会理事長でもあり現九州大学学長でもある久保千春先生はじめ、国内外の碩学の皆様のお知恵をお借りして、3年前に漸くにしてヨーガ療法の見立て理論と指導理論を分かり易くまとめることができました。この度の山口大会においても、そうした理論背景を持ってのヨーガ療法指導が報告されると思います。国内愛好者300万人とも言われるヨーガの世界での健康促進がどの様にしてなされるかを解き明かすヨーガ療法の"見立てと指導理論"を持って、これからも他専門分野の皆様方と我が国の医療のあり方に一石を投じて行きたいと思っています。

1947年  群馬県前橋市に生まれる
1969年  東京教育大学理学部卒業後、京都大学にて宗教哲学、
       インド カイバルヤダーマ・ヨーガ大学にてヨーガ療法を学ぶ
1977年  米子内観研修所開設し、内観瞑想法でヨーガ療法を実施
1981年  日本ヨーガ・ニケタン開設 スワミ・ヨーゲシヴァラナンダ大師より
      聖名(ギヤーナ・ヨーギ)を拝受して得度し、
      ラージャ・ヨーガ・アチャルヤ(阿闍梨)となり、ラージャ・ヨーガ指導を開始
1987年 sVYASA/スワミ・ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ研究所/
                ヨーガ大学院大学との協力の下でヨーガ療法士養成教育を開始
2003年 一般社団法人日本ヨーガ療法学会理事長に就任

現在、伝統的ラージャ・ヨーガを日本全国で指導の他にウパニシャッド聖典、ヨーガ・スートラ、バガヴァッド・ギーター、ブラフマ・スートラを講義。ヨーガ療法、内観法をもとに各種研修会、講演、伝統的ヨーガ修行指導等に従事。インドのスワミ・ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ研究財団(sVYASA)と協力してヨーガ療法士を養成中。2013年現在、(社)日本ヨーガ療法学会会員2400名。学会認定ヨーガ療法士1300名。日本全国でヨーガ教師、ヨーガ療法士養成講座を実施中。鳥取県米子市在住。

訳書・監修 「魂の科学」「実践・魂の科学」「ヨーガ医学大要」「真理への解放」
「科学で解くバガヴァッド・ギーター」   以上 たま出版
「よくわかる ヨーガ療法」「マタニティ・ヨーガ」「ベビー・ヨーガ」
「アシュタンガ・ヨーガ」「瞑想をきわめる」以上 産調出版 
「母と子のヨーガ」東方出版
共著 「生命の科学アーユルヴェーダ」柏 樹社  
著書 「実践ヨーガ療法」    産調出版

タグ:ヨーガ
posted by IMJ2015事務局 at 14:31 | C専門分野からみた統合医療