【第36回】山下 仁 先生

▲036山下 仁.jpg


『研究者の公正な研究態度と情報公開を
 応援する学会として』

山下 仁 (ヤマシタヒトシ)
森ノ宮医療大学 教授
鍼灸情報センター長、大学院保健医療学研究科長


 近年、研究不正や利益相反の問題が特に大きく取り上げられています。自分が支持していた治療法を厳密な手法で検証してみると有効性や安全性に関して否定的なデータが得られることがありますが、そんな時は本当に落胆します。研究の主体が健康関連商品を扱っている企業ならば利益に直結する深刻な問題でしょう。しかしそのようなデータを「お蔵入り」にして発表しなければ、医療消費者(患者や購入者)を裏切り無駄な出費をさせるだけでなく、起こり得る有害事象を伝えないことにより危険に曝すこともなります。また、このような出版バイアス(publication bias)が頻繁に存在すると、後に続く研究者が「未だこのような研究は行われていない」と考えて何度も同様の研究を繰り返してしまい、研究資金と時間の無駄にもつながります。

 否定的な研究データを公表し、その理由を深く考察し議論することは重要です。その治療に有効性がなかったのか、別の因子が交絡していたのか、効果を検出できないような研究デザインだったのか等々、肯定的な研究データ以上に意味があるかもしれないのです。最近起こった複数の研究不正事件を踏まえて、関連省庁の指針も細かく厳しくなっています。統合医療を達成するためには、その構成要素となる各種治療法の有効性と安全性を公正に評価し情報公開するという当たり前の姿勢が必要です。そのためには学会としても、研究不正防止は勿論のこと、施設内審査委員会の承認、臨床試験の事前登録、利益相反の開示などについて、当該領域の研究者に対してセミナーや投稿規程で周知・啓発する取組みが必要です。

 森ノ宮医療大学鍼灸情報センター(MUMSAIC)のWebサイトにおいては、鍼灸関係者にとって都合の良い情報だけでなく有効性や安全性に関して否定的な情報についても、それが信頼できる研究であると判断すれば掲載しています(http://mumsaic.jp/index.html)。そのことが議論を深め、適応病態の判断や鍼灸師の教育に貢献し、結果的には医療消費者や医療従事者の信頼を獲得することにつながると信じているからです。この姿勢を貫くことはしばしば玉石混交と言われる統合医療だからこそ重要であり、その学術団体である「学会」は公正な研究態度と情報公開を貫く研究者を応援し、育てる役割を持っていると考えています。

【略歴】
1987年    明治鍼灸大学鍼灸学部鍼灸学科卒、鍼灸師
1987〜1992年 愛媛県立中央病院東洋医学研究所 技師
1992〜2006年 筑波技術短期大学(2005年〜筑波技術大学)助手
1999〜2002年 英国Exeter大学補完医学研究室 客員研究員
2002年    博士(保健学)(東京大学)
2007年〜現在 森ノ宮医療大学 教授
タグ:鍼灸師
posted by IMJ2015事務局 at 16:13 | D統合医療に期待していること

【第35回】西條 一止 先生

▲035西條 一止.JPG


『ー厚生省特定疾患スモン調査研究班に
 おける統合医療実践経験ー』


西條 一止 (ニシジョウ カズシ)
筑波技術短期大学(元)学長、名誉教授

 厚生省特定疾患スモン調査研究班においては昭和48年度から、スモン患者の異常知覚に対して東京教育大学芹澤勝助教授(西條は助手として研究のとりまとめを担当した)により鍼・鍼麻酔方式の治療が試みられた。

  腹部症状、腰、下肢の冷えなどを主とした不定愁訴の改善が認められ、知覚障害については全治は認められないが、レベル、程度については改善が認められた。

 以上のようにSMONの後遺症に対して一応の評価を得たが、鍼・鍼麻酔方式による治療には可逆性があり一過性である。そこで昭和50,51年度には鍼・鍼麻酔方式による治療効果持続のためのホームプログラムの開発を目的として、臨床分科会にプロジェクトチームを編成し、臨床研究を進め、鍼・鍼麻酔方式による治療効果持続のための方法として筑波大学理療科(芹澤)の考案・開発によるスポット表面電極麻酔方式(現在の皮膚表面電極による低周波治療器の最初)を取り入れ、その安全性、応用方法について研究した。 その結果、鍼麻酔方式のよる治療効果持続の方法として使用可能であることを確認した。 ホームプログラムとしてのスポット方式の使用には、専門臨床家の指示および管理が必要であり、社会的および患者のニーズに十分且つ合理的に応えるため、全国的な診療システムを組織する必要があると考える。という結論を得た。

  昭和53年度には東北大学温泉治療学研究施設(佐直信彦)、群馬大学リハビリテーション医学研究施設(平井俊作)、筑波大学理療科(芹澤勝助)、名古屋大学第1内科(祖父江逸郎)、大阪大学第2内科(高橋光雄)、岡山大学神経精神科(池田久雄)、鹿児島大学第3内科(井形昭弘)の7施設において研究を進め、東北大学には宮城県立盲学校、群馬大学には群馬県立盲学校、名古屋大学には愛知県立名古屋盲学校、岡山大学には岡山県立盲学校、の各盲学校から鍼治療チームの参加を得て研究が実施された。

  これらの研究の成果により、国の施策で、昭和53年12月からSNOM患者に対する鍼・灸・マッサージ治療費が国費負担で行われるようになった。

 1970年代、40年前に行われた統合医療実践例である。
(厚生省特定疾患スモン調査研究班昭和53年度研究業績、昭和54年3月)

【略歴】  
西條一止は、昭和46年東京教育大学をスタートとして、筑波大学、筑波技術短期大学に置いて
40年近く鍼灸の基礎・臨床研究、教育に従事した。
この間昭和48年から平成10年まで特定疾患スモン調査研究班での研究に従事した。

posted by IMJ2015事務局 at 17:08 | @統合医療との出会い

【第34回】今西 二郎 先生

▲034今西二郎2.jpg


『健康創生と統合医療』


今西 二郎 (イマニシ ジロウ)
日本統合医療学会代表代議員
日本ハーブ療法研究会世話人代表など

 高齢化社会が、今後20年の間にますます進み、糖尿病、肥満、高脂血症、動脈硬化などの生活習慣病、睡眠障害、心身症、認知症などの患者が増加していくことが予測されている。この高齢化問題の対応策の一つに健康長寿が考えられる。そのためには、中高年層における疾病の治療だけでなく、予防、治未病、健康維持・増進を図っていくことが重要である。

 最近、健康創生という言葉が聞かれるようになってきた。私たちは、健康創生を疾病の予防や健康維持・増進だけでなく、もっと積極的に生き生きとした、生きがいのある生活を営むことであると捉えている。そして、健康創生を成し遂げるには、セルフケアによる能動的なライフスタイルの改善が第一であると考えている。

 そこで私たちは、疾病の予防、健康維持・増進を目的とした健康創生プログラムを構築し、実施することにした。このプログラムでは、特に病気にかかっているわけではないが、健康が気になる方、将来病気にならないか不安をかかえている方、現在の健康を維持したい、あるいはもっと元気でいたいと願っている方などを対象に、生活習慣の改善、睡眠の改善、ストレス軽減、認知症の予防などについて指導を行って、より健康な生活、気になるさまざまな病気の予防、老いてもなお生き生きとした生活ができるように適切な指導、アドバイスを行っている。

 そのために、本プログラム参加者に自覚症状、既往歴、家族歴、身体測定、血液・尿検査、心電図、ストレスチェックなどの各種検査情報や服用薬物、摂取サプリメント、毎日の食生活、運動状況、健康状態(自覚症状、睡眠状況を含む)、体重測定、血圧測定結果などのデータを入力してもらっている。それらのデータに基づき、医師、保健師、看護師、管理栄養士、健康運動指導士らが日常の健康管理指導、生活習慣の改善(運動、食事など)睡眠、ストレスコーピング法、適切なサプリメントの摂取についての指導・アドバイスなどを行っている。

 このような健康創生プログラムは、まさに統合医療の一つであり、このプログラムを発展させることにより、新しいセルフケア型の統合医療が実現できるものと期待している。

【略歴】
昭和46年 京都府立医科大学卒業、パリ第7大学留学を経て京都府立医科大学教授、
平成22年より、明治国際医療大学附属統合医療センター長、教授

タグ:その他
posted by IMJ2015事務局 at 00:00 | C専門分野からみた統合医療