【第45回】坂井 友実 先生

▲045坂井 友実.jpg
2015年6月10日

『鍼灸医学分野からみた統合医療
―ペインクリニックでの神経ブロックと
                鍼の特徴ー』


坂井 友実(サカイ トモミ)
東京有明医療大学 教授
付属鍼灸センター長、大学院保健医療学研究科長

 私は、1979年から東大医学部附属病院ペインクリニック外来で5年間、そして、1984年から7年間東大物療内科(現、アレルギー・リウマチ内科)で鍼治療に携わってきました。補完代替医療とか、統合医療という言葉が出てくる以前から、西洋医学の中で 鍼治療を行ってきました。そこでの鍼治療は臨床研究という形で試行的に行われていました。今回は、西洋医学の中の鍼灸として特に印象に残った疾患について紹介します。印象に残る疾患や症例は数多くありますが、鍼の特徴や役割を理解してもらう上でペインクリニックで取り扱ったヘルペス後神経痛が相応しいと考えましたので、この疾患を取り上げ紹介します。

 水庖形成と疼痛を主徴とするヘルペスは比較的よくみられる疾患です。水痘と同一のvaricella zoster virusにより発症する疾患です。このウイルスは神経親和性が強く、知覚神経を主として侵し、その神経の皮節に沿って発疹などの皮膚症状がでるため帯状疱疹とも呼ばれます。このヘルペスの発疹が治癒した後も、痛みが残ってしまう場合があり、これをヘルペス後神経痛と呼んでいます。鍼治療に依頼されるヘルペス後神経痛の患者の多くは、神経ブロックを行い効果がみられないか、もしくは、一定の効果はみられるもののそれ以上の効果がみられない症例でした。これらの症例に鍼治療を行うと直後効果はあるものの一日前後しか持続せず累積効果はほとんどみられませんでした。しかし、患者の多くは鍼治療に満足し定期的に通ってきてくれていました。

 ヘルペス後神経痛はヘルペスウイルスによって起こった神経線維や神経細胞の炎症、出血などの後遺症と考えられていますが、痛みは非常に激烈で焼けるような、あるいは鋭い刺すような痛みであり、下着がふれたり、髪の毛が風で動くだけで激痛が起こります。このような陳旧性のヘルペス後神経痛の患者に対し、局麻剤によるブロックと鍼治療単独とを同一患者に行ってみると、局麻剤によるブロックは全部がしびれてしまい、痛みもすっかり取れます。しかし、薬効が消退するに従って、かえって痛みを鋭く感じてしまいます。それに比べて、鍼は痛みを完全に取り除くことはできません。しかし、痛みの性質が丸みを帯び、そのあとで反動的に強く感じられることはありません。神経ブロックや薬物の長期連用は生体にとって決して好ましいものではありません。そういう意味からも鍼治療はたとえ、ヘルペス後神経痛に対し累積効果がなくても生体に与える侵襲は少なく有用性のある治療といえます。神経ブロックや鍼治療の特徴をよく理解した上で患者にとって何が最適なのかを判断していくことが重要であり、治療方針の決定にあたっては患者に正しい情報を伝え、選択してもらうことが統合医療のあるべき姿ではないかと考えます。

【略歴】
1978年 東京教育大学(現、筑波大学)理療科教員養成施設卒業
1984年 東京大学物療内科 文部技官
1991年 筑波技術短期大学鍼灸学科 助教授
2004年 博士(鍼灸学)(明治鍼灸大学)
2005年 筑波技術大学保健学科鍼灸学専攻 教授
2009年 東京有明医療大学保健医療学部鍼灸学科 教授

タグ:鍼灸師
posted by IMJ2015事務局 at 16:28 | C専門分野からみた統合医療

【第44回】高橋 朋子 先生

2015年6月5日
044高橋 朋子.JPG



『私と統合医療』



高橋 朋子(タカハシ トモコ)
NPO法人1級フラワーセラピスト
フラワー教室Angel Bouquet主宰                 

「医学は日々進歩しているのに何故病人は減らないのだろう。」これは私の中の疑問でした。

そんな私も三十代に病気を体験しました。高校生の時、母を病で亡くした経験がある故、西洋医学だけではなくより効果的な方法を探し、"免疫療法"に出会いました。併用してサプリメントを服用し、気功も受けたところ驚異的な速さで完治したのです。西洋医学と代替療法の相乗効果を実感した時でした。

時が経ち私はお花を介して人の心を癒す"フワラーセラピスト"としてセラピスト育成・花育・ボランティア等をさせて頂いております。色が目に映ると、網膜から神経系を通って電気信号に変換されて脳に伝わり、それがどんな色かを感じます。その感じた色で心が落ち着いたり、元気になります。香りは鼻から脳の中枢の奥にある大脳辺縁系に伝わり記憶や感情に働きかけ、リラックスしたり興奮したりします。直接花に触れて頂くことで豊かな花の色や造形と香りで癒され、心を解放するサポートをします。多くの方にセラピーを体験して頂く中で日々「花の力」を実感せずにはおれません。後に友人の紹介で柴田理事長先生と出逢い、先生の志の高さと拡い御心、留まる事の無いチャレンジ精神に感銘し、山口IMJチームの片隅に加えて頂き感謝の気持ちで一杯です。仁田名誉会長先生より賜った有難いアドバイスとお言葉を胸に日々精進してまいる所存です。

統合医療という素晴らしい活動が拡がり患者様1人1人に合った医療が確立してゆき病人が減っていく 事を心から願うばかりです。
posted by IMJ2015事務局 at 15:58 | A私と統合医療

【第43回】森 憲正 先生

2015年6月3日
▲043森 憲正.JPG


『統合医療との出会い』

森 憲正 (モリ ノリマサ)
宮崎大学名誉教授
日本統合医療学会宮崎支部長

 統合医療を意識する契機となったのは中川米造監修「医療概論」との出会いであったと思う。それまでは西洋医学にすっかり埋没した考え方で、研究、教育を業とし、医療に従事してきた。

 平成17年、看護師と鍼灸師を養成する総合医療専門学校を立ち上げ、両学科の医療概論の講義を担当した。同じ国家資格の医療職であっても看護師養成は西洋医学に、鍼灸師の養成は東洋医学に準拠している。医療概論の内容も異なっていることに気付き、初年度に躓いた。鍼灸学科の教科書に採用した上記の医療概論を紐解き、熟読しているうちに、これまで学んできた医療概論とは趣が異なり、医療と医学の定義の曖昧さが原因の一つと認識して、初年度の両学科の医療概論の混乱を正すことが出来た。初年度の学生には気の毒なことをしたと反省しきりである。これが筆者の統合医療への入門の切っ掛けとなった。患者のためとか、医療に対する疑問などという高邁な動機ではなかったことが恥ずかしい。

 現行の制度的医学は医療の一部を占めているに過ぎず、他の大部分は代替・補完と称される医療で占められている。

 古代ギリシャ医学が欧州に導入され、そこで発達していた自然科学、特に物理学、化学の思想に触れ、17世紀には既に疾病を含む身体現象を物理学的、或は化学的に解明出来るとして物理医学派、化学医学派に分かれていたという。この自然科学的医学の考え方は現在の医学、医療の研究に大きく影響している。

 明治維新後、明治政府は範をドイツ医学に求め、現行の医療制度の基礎を築いた。以後、西洋医学以外の医療は異端視され、阻害されてきた。自然科学化した西洋医学は益々身体を細分化、可視化して、疾患のみを追求し、病人を見ない医療になったといわれている。
勿論、西洋医学を主軸として進歩してきた制度的医療の恩恵は計り知れず、筆者自身もそのお蔭で現在まで存命出来ていると信じている。二種の初期がん、甲状腺疾患の治療がなかったら、とっくにこの世から去っていたと思う。しかし進歩した現行制度的医療による治療を受ける患者には身体の外に、精神、霊もあることが忘れられている。

西洋医学が目覚ましい進歩を遂げている現在でも、医療と医学の定義は昔のまま曖昧に使用されている。その進歩に応じた医学と医療をより判りやすいように定義されることが望まれる。

【略歴】
昭和30年3月 熊本大学医学部卒業
   35年3月 熊本大学大学院医学研究科修了
   35年11月 熊本大学産婦人科学助手(医学部)
   37年9〜39年10月 米国オレゴン大学医学部産婦人科学教室へ留学
   50年4月 宮崎医科大学教授(医学部)

平成2年5月 宮崎医科大学副学長、大学附属病院長
   8年3月 任期満了により宮崎医科大学退職
   8年7月 宮崎医科大学名誉教授
   11年4月 九州保健福祉大学教授、附属図書館長
   14年4月 九州保健福祉大学副学長
   16年1月 九州保健福祉大学総合医療専門学校校長
   23年3月 九州保健福祉大学総合医療専門学校退職
   23年7月 宮崎統合医療研究会代表世話人
   24年4月 日本統合医療学会宮崎支部長
posted by IMJ2015事務局 at 17:02 | @統合医療との出会い