【第10回】濱野 富士代 先生

026濱野 富士代.jpg


『私と統合医療』


濱野 富士代 (ハマノ フジヨ)
山口柱氣の会  会長
IMJ山口県支部 気功部会長

  今から20数年前、看護師としての勤務中にメニエル氏病になりました。内服治療よりも効果があったのは、大好きな卓球をすることでした。眩暈が軽減したのです。西洋医学を決して否定するのではありません。確かに身体の中で気の流れの実感があり、不思議な体験を繰り返し、その経験から気功教室を開設しました。教室に通って頂いている方々の中には、高齢者の方が多く、体調不全やストレス・疾患を抱えている方が少なくありません。私は気功の力を使って手助けをしたいと考えましたが、中国の気功法をそのまま伝えてもいろいろな問題が多くて上手くいかず、中国の気功法が身体に良いといっても、実際には無理なことが多いです。そのうち、気功の本髄を崩すことなく、誰でもどこでも簡単にできる気功を生み出すことに成功しました。それはサッカーボールの絵柄のビーチボールをヒントとした新しい気功法です。その功法に参同して頂いた柴田会長先生から、第6回統合医療学会での講演のご依頼を頂きました。講演後もさらに発展させ、ボール以外のグッズを発見し、これを使っての気功法も生み出しました。不眠症、動悸、頻尿、腰痛、肩痛などが軽減したのは事実ですが、これらの功法の理論を立証することは容易ではありません。改善された声は多く聞かれましたがはっきりと目でわかるように確かめることは難しいです。身体に触れることなく気の流れを促すだけで、症状の緩和が測れる・・・といった気の効能を症例として数値で表すことはとても困難です。どんな治療法をしていても、今の身体の状態において、気の流れを促すことができれば、相乗効果はあるはずです。西洋医学と東洋医学の両方の治療が今後の医療に不可欠というのが、かねてからの私の思いでありました。統合医療との出会いは、まさに願ってもない出来事でした。最近、テレビなどで放映されている健康ストレッチ法などは、ご年配の方にはお勧めできません。その動作をちょっと気功的な動作に変えるだけでいいのに・・・と、テレビを見ながらいつも残念な気持ちでいっぱいです。Bodyなのです。また、気功教室でMind、Spiritな面を指導することが増えてきました。今回予定の統合医療学会のサブテーマが『Body,Mind、Spiritの存在』とのこと、まさしくこれから統合医療での気の研究がもっとできるようになり、気の証明に繋げていきたいと考えます。その場が統合医療なのです。

【略歴】
1972年 新日本製鉄所病院高等看護学校卒 同病院勤務
1980年 山口労災病院勤務
1993年 気功教室設立

posted by IMJ2015事務局 at 15:55 | A私と統合医療