【第22回】福岡 博史 先生

022福岡 博史.jpg


『歯科と統合医療』


福岡 博史 (フクオカ ヒロシ)
医療法人社団明徳会福岡歯科 理事長

 2014年に日本歯科医師会が全国10000人に対して調査した結果によると、全体の55%の人が歯や口腔に何らかの異常を感じているにもかかわらず、その中で歯科治療を受けていたのは、なんと18.4%でした。「かかりつけ歯科医」をもつと健康長寿になるというエビデンスがあるにもかかわらず、いまだ「歯科」への受診のハードルは高いようです。歯の治療は、痛い、怖い、不快である、それなら少しくらいなら我慢してしまおうということなのかもしれません。

 10年前、日本経済新聞にて「アメリカのかたち―変質する医療―」という特集記事の中で代替医療が紹介されました。内容は、がん治療でも、心疾患の治療でもなく、「ニューヨーク市のある歯科医は、治療に癒しを組み込んだ。痛い、怖いといった不安を取り除き『歯科治療を癒しの場に変えたかった』という。これがストレス社会に生きる米国人に受け、いまや"癒し系歯科医院"が全米に続々と登場しつつある。」という「歯科」の紹介でありました。これは私達が、歯科に代替医療を導入した最初の発想と同じで、削る・刺す・抜くといった侵襲性の強いイメージがある歯科治療を快適性の高い、ホリスティックな対応のできる医療にするためには、統合医療は必然であったのです。代替医療の導入は、従来の機械論的な歯科医療から脱却し、良好な術者―患者関係の「場」をつくり出すことができ、患者自身の自然治癒力を賦活することもできます。統合医療により快適な歯科診療空間をつくることによって、歯科受診率が上がり、さらに口腔ケアを続ければ、結果的に一般医療費は減り、これにより老人医療費を大きく削減できるという推定もあります。

 もうひとつ歯科における統合医療の意義は、「歯科」(口腔)と「医科」(全身)が切り離されている医療制度の中で、統合医療によりそのつながりが見える医療にすることができるということです。現在歯科でも、分析的な西洋医学だけで対応できない「生活習慣や環境に基づく難治性疾患」「歯周病と全身との関係」「咬合と全身との関係」「歯科材料の全身への影響」「摂食嚥下障害」「口腔心身症」などがクローズアップされてきており、統合医療への期待は大きいのです。

 統合医療を学び、未来の医療に希望を持たれている日本統合医療学会会員の皆様が、ぜひとも歯科で一言「統合医療を知っていますか?」と声をかけてみてください。その歯科医院が、「行きたくないところ」から「行きたいところ」へと変わるかもしれませんよ!

【略歴】
1983年 東京歯科大学卒業
1992年 医学博士(聖マリアンナ医科大学)
現在 日本統合医療学会理事(指導医)
日本歯科東洋医学会常任理事(専門医)他役職多数
タグ:歯科医師
posted by IMJ2015事務局 at 00:00 | C専門分野からみた統合医療