【第24回】岡 美智代 先生

▲024岡美智代.jpg


『統合医療が患者様にもたらすeaseの追求』


岡 美智代 (オカ ミチヨ)
群馬大学大学院保健学研究科 教授 


 わたしが統合医療に関心がある理由は、患者様にeaseになってほしいという思いからです。'ease'、つまり、身体的にも精神的にも楽に、楽しくなってほしいということです。

 私の専門は慢性看護学であり、特に生活習慣病などの慢性疾患をもつ患者様の食事療法や運動療法などの実行度を高めるための行動変容支援を専門にしています。しかし、行動変容支援は、時に患者様の好きな食事の制限や、嫌いな運動を勧めることを伴うため、患者様には耳の痛いお説教もどきになることもあります。私自身も、わかっているのに改善できない行動があるのに、患者さんだけにお説教するのも心が痛んでいました。これでは、easeにdisがついてしまうのではないかと思うくらいでした。医療者の関わりが原因で、diseaseになってしまっては、しゃれにもなりません。

 少し話は変わりますが、わたしが統合医療に興味を持ったのは、1990年代後半であり、まだ日本代替・相補・伝統医療連合会議(JACT)と日本統合医療学会(JIM)が統合する前でした。(正直、当時はどちらの会に自分が入っているのかわからず混乱していることもありました。)

 当時は、アロマセラピーなど統合医療の中の何かが、看護師が行う治療として医療現場で応用できるのではないかと考えていました。2005年にはメイヨークリニックに行き、当地での統合医療の実際を見学してきたほどでした。 しかし、専門である、行動変容支援の必要性にかられ統合医療からは少し距離を置くようになりました。

 ところが、1〜2年前から、また統合医療に再度関心がわいてきたのです。今度は、気候療法を活用した運動療法です。気候療法はドイツなどで開発されたもので、自然の中で楽しく運動する方法です。お説教しなくても、楽に、まさにeaseに運動できるのです!!2014年度から気候療法で科研費もいただいていますので、今後は、ちょっと本腰を入れようと思っています。気候療法とeaseの関係、そして統合療法がどれだけeaseをもたらすのかも、追求ようと思っています。

 最後になりましたが、第19回日本統合医療学会(IMJ2015山口大会)の招請講演では、親友のWendy Chaboyer教授に来てもらうことになりました。

 彼女は7月にプエルトリコで開催される国際学会の、ゲストスピーカーとしても招聘されています。

 オーストラリアの彼女の研究室には、病院で撮影した、彼女が患者さんを見守る写真が貼ってあります。その写真の中の彼女のまなざしはとても優しく、今回のテーマのhumanityにぴったりです。Wendyの講演は、12月13日です。多くの方がいらっしゃることを期待しています。http://www.imj2015.com/program/

【略歴】
順天堂看護専門学校卒業 看護師免許取得
虎の門病院勤務
筑波大学大学院博士課程修了, 博士(医学)取得  
山形大学医学部看護学科 助教授
H18.4より現職

タグ:看護師
posted by IMJ2015事務局 at 16:11 | A私と統合医療