【第25回】小山 悠子 先生

小山悠子.JPG


『快適な歯科治療』

小山 悠子(コヤマ ユウコ)
医療法人社団明悠会サンデンタルクリニック理事長
日本統合医療学会代表代議員、指導医
日本歯科東洋医学会常任理事、専門医

 歯科治療には、「痛い、こわい!」というイメージがついてまわり、患者さんの早期治療を阻んでいることも事実です。従来歯科医師は、口腔内のみにとらわれ、患者の情動、性格、生活環境などは考慮せず、機械的、画一的な治療を行っていて当然というような診療態度・行動をとってきたように思います。実際にはこうした歯科治療のストレスは、患者だけでなく私達歯科医師サイドにも重圧となってかかっていることも否めません。なぜなら、一般医科の治療に比べて、歯科治療には患者さんから「抜かれた」「削られた」となにげなく表現されることに表れているように、「やられた」という攻撃イメージを抱かれやすい職業特性があります。

 このような特殊な歯科医療の現場において、「良好な術者―患者関係」という、より良い"場"の形成を心がけ、画一的でないHolisticな対応を行うには、この相補・代替医療(CAM)の導入こそが、歯科医療の短所を補う格好の手段であることを、過去三十年以上の私の臨床経験から、強く確信しています。

 抜歯をしてもインプラントのオペをしても、腫れたり痛くなったりせず、開口障害もすぐ口が開くようになり、楽になります。歯科治療が怖いという患者さんには、リラックスして眠れるように治療いたしましょう。このように、「痛くない、怖くない、治りの良い」治療として、統合医療は歯科診療になくてはならない大切なものです。
 実際には、手や顔面のツボに電極を貼付して刺激を与たり、頚肩部の指圧マッサージ、足の反射療法、鍼灸療法、サプリメントや漢方薬の投与、催眠療法、その他の代替療法を駆使して、歯科治療を行っています。

 最近では、口腔内の細菌が、「小さな殺し屋」と言われ、様々な病気の原因になっていることが、わかってきました。心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、心内膜炎、骨粗しょう症、糖尿病、胃潰瘍、肥満、腎炎、皮膚炎、関節炎、ガンなどです。
 誤嚥性肺炎も多く、手術前に口腔内をクリーニングしておくだけで、術後肺炎の発症率は、1/5になり、そのためにかかる医療費38.5兆円が、2.6兆円ですむという報告もあります。

 このように多くの全身疾患が歯科治療によって予防できることがわかってきているので、統合医療で怖くなく気持ち良い歯科治療を、みなさんに受けていただきたく思っています。

【略歴】
1980年 (医)社団明徳会福岡歯科理事長福岡明先生について、
       歯科東洋医学の講演、研究、執筆の助手、学会発表を始める。
1989年  医学博士取得
2010年  医療法人社団明徳会より独立
2011年  医療法人社団明悠会サンデンタルクリニック理事長
タグ:歯科医師
posted by IMJ2015事務局 at 16:58 | C専門分野からみた統合医療