【第36回】山下 仁 先生

▲036山下 仁.jpg


『研究者の公正な研究態度と情報公開を
 応援する学会として』

山下 仁 (ヤマシタヒトシ)
森ノ宮医療大学 教授
鍼灸情報センター長、大学院保健医療学研究科長


 近年、研究不正や利益相反の問題が特に大きく取り上げられています。自分が支持していた治療法を厳密な手法で検証してみると有効性や安全性に関して否定的なデータが得られることがありますが、そんな時は本当に落胆します。研究の主体が健康関連商品を扱っている企業ならば利益に直結する深刻な問題でしょう。しかしそのようなデータを「お蔵入り」にして発表しなければ、医療消費者(患者や購入者)を裏切り無駄な出費をさせるだけでなく、起こり得る有害事象を伝えないことにより危険に曝すこともなります。また、このような出版バイアス(publication bias)が頻繁に存在すると、後に続く研究者が「未だこのような研究は行われていない」と考えて何度も同様の研究を繰り返してしまい、研究資金と時間の無駄にもつながります。

 否定的な研究データを公表し、その理由を深く考察し議論することは重要です。その治療に有効性がなかったのか、別の因子が交絡していたのか、効果を検出できないような研究デザインだったのか等々、肯定的な研究データ以上に意味があるかもしれないのです。最近起こった複数の研究不正事件を踏まえて、関連省庁の指針も細かく厳しくなっています。統合医療を達成するためには、その構成要素となる各種治療法の有効性と安全性を公正に評価し情報公開するという当たり前の姿勢が必要です。そのためには学会としても、研究不正防止は勿論のこと、施設内審査委員会の承認、臨床試験の事前登録、利益相反の開示などについて、当該領域の研究者に対してセミナーや投稿規程で周知・啓発する取組みが必要です。

 森ノ宮医療大学鍼灸情報センター(MUMSAIC)のWebサイトにおいては、鍼灸関係者にとって都合の良い情報だけでなく有効性や安全性に関して否定的な情報についても、それが信頼できる研究であると判断すれば掲載しています(http://mumsaic.jp/index.html)。そのことが議論を深め、適応病態の判断や鍼灸師の教育に貢献し、結果的には医療消費者や医療従事者の信頼を獲得することにつながると信じているからです。この姿勢を貫くことはしばしば玉石混交と言われる統合医療だからこそ重要であり、その学術団体である「学会」は公正な研究態度と情報公開を貫く研究者を応援し、育てる役割を持っていると考えています。

【略歴】
1987年    明治鍼灸大学鍼灸学部鍼灸学科卒、鍼灸師
1987〜1992年 愛媛県立中央病院東洋医学研究所 技師
1992〜2006年 筑波技術短期大学(2005年〜筑波技術大学)助手
1999〜2002年 英国Exeter大学補完医学研究室 客員研究員
2002年    博士(保健学)(東京大学)
2007年〜現在 森ノ宮医療大学 教授
タグ:鍼灸師
posted by IMJ2015事務局 at 16:13 | D統合医療に期待していること