【第39回】藤井 義博 先生

▲039藤井 義博.JPG


『高次精神による主体的な健康創造』

藤井 義博 (フジイ ヨシヒロ)
日本統合医療学会 北海道支部長
日本統合医療学会 監事

 筆者は法律を勉強してから医学を志した。そして大学院では "脱がん療法"である白血病の分化誘導療法の研究に内科医として携わった。現在は"大学生の食育"と健康教育に携わるとともに大学運営にも関わっている。とりわけ大学生が自らの健康を創造できるよう手助けをしている。

 統合医療との出会いは、米国で白血病分化誘導療法の研究生活を送っていた昭和から平成に移った頃に遡る。それは、Bernie Siegelによる「Love, Medicine and Miracles(愛と医療と奇跡)」という著作との出会いであった。シーゲル先生は、単なる外科医であることを辞めて、代替医療の実践を始められた方であった。その衝撃は大きく、帰国後は"こころの分化誘導療法"に取り組もうと"密かに"思ったりした。

 操体法の橋本敬三先生は、「健康は、生活の結果であるから、他人の力で与えられるべきものではなく、自ら創造すべきである」と云われる。筆者は、この主体的な健康創造のアイディアに共鳴する。しかしそれを実現しようとすると、近代西洋医学が採用している一連の物質的変化過程として、機械論的ないしは生物科学的・生命科学的に把握された身体観および歴史的文化的文脈における精神を排除した人間観では不十分であるばかりかその妨げになるもとの思いを抱かざるを得ない。なぜなら17世紀のルネ・デカルトを中心とする機械論哲学および18世紀のフランス啓蒙主義哲学に遡る近代西洋医学の枠組みは、自らの健康を考え、健康の自己管理を志すうえで相応しい身体観・精神観である保証はないからである。

 むしろ精神を生物科学的のみならず歴史的文化的文脈においても把握するならば、健康の自己管理は、高次精神文化の養いを受けて、よりいっそう豊かなものになると思われる。例えば、お遍路は、日本の高次の精神文化である。病であれ、失業であれ、愛するものの死であれ、喪失を胸に秘め、人生の意味を求めてひとり旅だったとしても、この文脈に身を投じると、それはすでに孤独なひとり旅ではない。弘法大師と同行二人の巡礼に転調する。遍路の作法において、先人の知恵とつながる。地元の人々の伝統の「お接待」に利他的行為の可能性を経験する。そして同行の「先達さん」から直接お遍路の意味を継承する。統合医療者は、生活法を通じて、個々人が健康を自ら創造するためのよき伴奏者なのだと思う。

【略歴】
京都大学法学部卒業
北海道大学医学部卒業
藤女子大学 副学長・教授
日本死の臨床研究会 世話人・国際交流委員長
全国大学保健管理協会 理事 
全国大学保健管理協会 北海道地方部会 代表世話人
日本スピリチュアルケア学会 理事


タグ:医師
posted by IMJ2015事務局 at 16:48 | @統合医療との出会い