【第40回】班目 健夫 先生

▲040班目 健夫.jpg


『実践の中で役立った統合医療』

班目 健夫 (マダラメ タケオ)
青山・まだらめクリニック院長



 統合医療とは何か?という難しい話はさておいて、実際の診療に役に立つものが統合医療であって欲しいと思います。筆者は小学校入学前に交通事故に遭い、その後から体調の悪い状況が続いておりました。ランドセルを背負うと肩がこってしょうがないという、情けない小学生でした。この持病のおかげで、様々な統合医療といわれる治療法が、効果があるのかないのか判定が容易に出来る便利さがありました。宣伝はすごいのですが、実際には筆者の肩こりに効果のあったものは極めて少なかったのも現実でした。自分自身の肩こりを何とかしようと研究を重ねてきたのが、筆者の統合医療の歩みになっております。効果が実感出来ているのが、刺絡・灸・気診治療の3種類の治療法でした。いかにこれらの治療法が他の治療手段よりも優れているといっても、筆者の肩こりは年期が入っております。そうは簡単には治せなかったのです。しかし、治療法を考えに考えた結果、ようやく積年の宿痾が解消されるに至りました。

 筋肉の状態をいろいろな角度から考えた結果、主動筋と拮抗筋の関係を応用することで良好な結果が得られました。これまでは主動筋が緊張していたら、拮抗筋は弛緩していると考えられておりました。詳細に身体を観察すると違うのです。主動筋が緊張している場合には、拮抗筋の多くは弛緩しております。しかし、極めて限局的にですが、拮抗筋の一部が緊張していることがあるのです。この現象を発見してから肩こりに限りませんが、様々な病態の治療効果が上がったのです。昨年横浜で開催された日本統合医療学会シンポジウムで発表しましたが、線維筋痛症が治るスピードが速くなっているのです。これまでは社会復帰までは2年程度かかりましたが、最近の患者さんでは条件が整うと1年で社会復帰が可能になってきたのです。筆者にとっての役に立つ統合医療とは解剖学の知識でした。それを目の前の患者さんにどのように応用するのか、その考え方でした。通常の解剖学の書籍では不十分で、ボディビルダーが読むような筋トレの書籍が役に立ちました。その成果をまとめた書籍が昨年夏に出版されております。筆者にとっての役に立つ統合医療としては解剖学と筋トレの統合でした。

【略歴】
班目 健夫
青山・まだらめクリニック院長。併設の自律神経免疫治療研究所の所長を兼ねる。
西洋医学では肝臓学・微小循環学を専攻。身体の冷えを湯たんぽで改善させる手法を開発。
各種湯たんぽを作製してきた。気の医学を研究テーマにしている。

タグ:医師
【B実践の中で役立った統合医療の最新記事】
posted by IMJ2015事務局 at 16:37 | B実践の中で役立った統合医療