【第42回】鈴木 八重子 先生

▲042鈴木八重子.jpg



『古典に秘められた健康への手がかり』


鈴木 八重子 (スズキヤエコ)
(社)日本ヨーガ療法学会、認定ヨーガ療法士
日本アーユルヴェーダ学会、セルフケアアドバイサー

アーユル・ヴェーダと云うインドの伝統医学を日本に取り入れたのは、大阪大学衛生学の丸山 博先生を中心にした、ほんの数人の先生がたの集まりだった。かつて、インドを訪れた桜沢如一先生が、現地から「インドには、面白い伝統医学(?)があるよ」と云えて来た情報により、丸山 博先生を中心に、幡井 勉先生達のグループがインドを訪れ、其の情報を日本に持ち帰ったという事実が、日本におけるアーユルヴェーダ研究の発端と聞き及んでいる。 

1981年に開催された第3回アーユルヴェーダ研究総会で丸山先生が『「いのち」の認識を深めるために』と云うテーマで講演をされている。
読売新聞1981年9月8日には、『「人は 身体・心・魂が一体」現代医学の欠陥を見直す風潮』のテーマで、この研究総会の状況が記載されている。更に、『この会のメンバーは、インド学者は当然、生物学者、医師、僧職、教師から一般人、理論物理学者迄いる。面白いのは、近代医学の洗礼を受けた医学者が中核を占めている事だ』と記載されている。(アーユルヴェーダ研究誌、第11号より抜粋)
1980年代にすでに、この場では、現代医学と伝統医学の統合医療の必要性を模索し始めている様子を呈している

現在、日本ヨーガ療法学会では、認定ヨーガ療法士たちが、認知症施設、依存症施設、精神病施設、ホスピス施設等 その他、現代社会が抱えている問題の、多くの方がたに向けて、ヨーガ療法を行っており好評をいただいている。医療機関の協力をいただきながら、各種研究も進んでいる。

ヨーガ療法のベースとなり支えているものは、伝統的ヨーガの手法と、タイティ―リヤ・ウパニシャッドの身体五層説、カタ・ウパニシャッドの人間構造論である。更に、見立として、アーユルヴェーダの内科的古典「チャラカ本集」、ヨーガの古典「ヨーガスートラ」「バガヴァット・ギーター」等の記述事項の中から、ヨーガ療法における、アセスメントに該当する部分を引き出し、カウンセリングに活用をしている。
3000年も昔から、消え去ることなく、多くの人々に営々と伝えられてきた伝統医学や古典経典群をひも解くことで、現代人が背負っている苦しみから、解放される秘訣を引きだす事が出来る。

その時代時代の人々が、健やかに生きるためのヒントが含まれていた古典や伝統医学の叡智は、引き継がれ、現代も輝きを失うことなく、未来の人々の健康の糸を紡いでいく事になるのだろう。

【略歴】
(社)日本統合医療学会代議員
(社)日本ヨーガ療法学会常任理事
アーユルヴェーダ学会理事
東京アーユルヴェーダ研究会世話人
蒲田ヨーガ療法研究所主宰
現在、地域の高齢者、精神病疾患者等を対象にヨーガ療法を指導

タグ:ヨーガ
posted by IMJ2015事務局 at 16:30 | @統合医療との出会い