【第51回】笠井 正晴 先生

2015年7月29日051 笠井_R.JPG

『北海道における統合医療の歩み』



笠井 正晴(カサイ マサハル)
北海道鍼灸専門学校理事長、札幌北楡病院名誉院長、
(IMJ名誉会員、前IMJ北海道支部長)


渥美和彦先生(現名誉理事長)が1998年12月に日本代替相補伝統医療連合会議(現日本統合医療学会)を立ち上げられ、全国組織作りのため北海道でも会を立ち上げてほしいとの依頼が当時札幌北楡病院理事長(現社会医療法人北楡会会長)の川村明夫先生にあり、早速病院内に事務局を置き1999年度に支部を設立し研究会を開始しました。

代替医療も様々に呼ばれる中で現在は統合医療という表現でまとまるようになりましたが、代替相補伝統医療やほかの癒し方法との立ち位置がまず問題になりました。西洋vs東洋医学、先端vs伝統医療、治療vs予防・未病、医療vs非医療、医療国家資格vs無資格等さまざまな言葉が対峙する中、全体像と枠組み作りが問題でした。渥美先生のお考えはまず国家資格を有する人々の理解を得るところから始まりました。その後医療関係、ヒーリング、思想など多岐にわたる領域の方々の賛同を得、政治的にも働きかけ垣根を取り払った新たな領域として市民権を得るようになってきたわけです。

北海道でもまず医療関係者の理解を得るべく北海道医師会長(当時)の吉田信先生(故人)に初代北海道支部長をお願いし、医師、看護師をはじめ国家資格のある方々への宣伝をしさらに北海道鍼灸師会、柔道整復師会、薬剤師会の会長さんに北海道支部会の幹事になっていただきその後、気功、アロマ、心身、音楽、養生療法、食品関係などへと領域を広げる試みをしました。同時に全国会員数を増やすために会員誘致法は全国学会、地方支部会の別登録制ではなく全国学会に登録すると自動的に地方支部会員になるようにしました。この制度はのちに別個登録制となりましたが北海道支部は現在100名を超える会員数となっております。

次に統合医療を具体的にどのように実践できるかということが大きな問題でした。本来なら事務局のある札幌北楡病院のような中核病院が統合医療科を設置して外来部門を設けることにより実践と啓蒙活動も進むと考えました。しかし、実際に設備投資し外来、鍼灸師、気功,心理療法士、その他の部門をつくるために概算しても現行保険制度下では余裕もなく厳しく実行できないままです。また統合医療の諸領域のネットワークづくりをめざし大学も含め連合組織づくりを行いました。その間統合医療に造詣の深い熱意あるドクターが開業されて実践されて芽が開き始めているのが現状です。日本全国でも大学病院はじめ大きなセンターが実践し始めてくれておりますが政策による支援と医学教育での啓蒙が大きな柱と思います。企業がエコ活動や平和支援活動をしていることがインセンティブになるように統合医療を行っているということがインセンティブになってほしいと思います。

学会発展のためご尽力いただいております仁田新一理事長と柴田眼治大会長に感謝申し上げ大会の成功祈念申し上げます。

【略歴】
1948年札幌生まれ、1974年北海道大学医学部卒 第3内科入局、血液内科骨髄移植専門、1979年米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校オンコロジー部門研究員、1985年札幌北楡病院内科部長、米国シアトル、フレッドハッチンソンがん研究所研修、1987年より北海道大学医学部非常勤講師、2004年北海道鍼灸専門学校理事長、2007年札幌北楡病院院長、2010年同名誉院長、 父(故人)が鍼灸柔整師で北海道鍼灸師会、柔道整復師会会長を務めた縁で伝統医療と関わりあり。
(趣味:アウトドア関係、音楽)


タグ:鍼灸師
posted by IMJ2015事務局 at 11:31 | @統合医療との出会い