【第54回】渥美 英子 先生

2015年9月9日054渥美 英子.jpg


『統合医療は「人を生かす」』


渥美 英子(アツミ エイコ)
日本統合医療学会 常任相談役


私の統合医療の原点は、父荒川一郎にある。明治29年、美濃、木曽川沿いの医師の長男として誕生。日露戦争後の銀行倒産で家業は没落し、一家で上京。授業料が安いと府立一中、一高、東大医学部卒業。卒業後臨床医を志し、当時私立として一番大きな病院であった杏雲堂の内科で研修中、同じく研修医の綾と恋愛結婚。二人で東京駅に近い京橋で開業。関東大震災後の大正13年のことであった。
以後、約40年間、娘夫婦に引き継ぐまで、町医者を務めた。父は親に「おまえは、偉くなる必要はない。金持ちになる必要もない。ただ、患者に恥ずかしくない医者になれ」の教えを守り「医は仁術」を実践、体の病気だけでなく、心の病気にも深い関心をもち、心身共に健康でなければ真の健康とは言えず、これを守るのが医師の務めであるとの信念を持ち続けていた。

「患者を生かす」これが父の持論であった。ただ病気を治すだけではない。その人の背後に何かがあってそれが病気の根源となっている。例えば商売がうまくいかないとか、ものの考え方が悪いとか、あるいは不摂生だとか。その不摂生にも種類があるし、度合いも違う。そのような事柄をよく分析した上で総合的判断を下して病気の原因を取り除かなければならない。薬だけでそこまで取り除くことができるものではない。またそこまでやるのでなければ本当の医者にはなれない。そして、そこまで行くと、医者というものは実に面白いものである、と。
まさにこれが統合医療ではないだろうか。

統合医療は「人を生かす」ことである。

【略歴】
1930年東京生まれ。1955年東京女子医科大学卒、1956年同大学細菌学教室  助手、1958年東京大学第一生理学教室研究生、1961年医学博士の学位受領、1974年調布学園女子短期大学保健理論講師、1989年多摩大学保健理論講師
実家は代々続く町医者。両親、3人姉妹も医師。
タグ:医師
posted by IMJ2015事務局 at 16:11 | A私と統合医療

【第50回】廣田 健 先生

050廣田 健.jpg
2015年7月24日

『私と統合医療』



廣田 健(ヒロタ タケシ)
ひろた歯科医院 院長 



 大学院生時代に腰痛に悩まされていた私は、教授の薦めで鍼灸治療を受けました。施術してくださった先生は著書もある方で、施術を受けている途中から、腰の痛みが軽減していくのを感じました。それまでにも何度か腰痛で鍼灸治療を受けた事があったのですが、それとはまったく異なる体感でした。それ以来、東洋医学に興味を持ちました。

 2002年に、咬み合わせの不具合、いわゆるアゴずれが生体に及ぼす影響について学ぶ機会があり、私の顎ズレを是正(顎位是正治療)していただいた瞬間、大学院生時代に受けた鍼灸治療と同じ感覚を味わったのです。そうです、腰に感じていた違和感が瞬時に消え去ったのです。この体験が統合医療を始めるきっかけとなりました。
この体験をする前まで、歯の欠損を補う治療、歯根の治療と牙1本単位での治療に専念していましたが、顎位を重要視した歯科医療へと変化していきました。

 下顎骨は頭蓋骨、上顎骨から筋肉で吊り下げられた約1Kg重の骨で、舌骨を介して胸骨などから引っ張られています。下顎骨が身体の正中線を基準とし、前後左右どちらかに偏ると、姿勢が変化し、筋肉の弛緩・硬直が発現します。この筋肉の変化が肩こりや腰痛などの原因、さらには頸椎にも影響を与えると考えています。私が所属するNPO法人日本咬合学会では、20年に亘り、これらの症状と顎ずれの関係を研究し、関連性を明らかにしてきました。近年の研究結果では、脳機能に良い影響を与えている事も明らかになり、顎位の重要性がより一層解明されたのです。

 現在では、日頃からお付き合いのある鍼灸の先生と患者情報を共有し、アゴズレが原因と考えられる肩関節周囲炎や頸部の筋肉硬直、腰痛などの治療を顎位是正治療と経絡の刺激(鍼灸治療)で患者の症状緩和に努めています。
歯周病などの感染症治療も歯科医療として重要ですが、同一患者の情報を他科の先生と共有し、症状改善に向けた治療が今後、さらに重要になると感じています。今後も統合医療の重要性を後進に伝えていく所存です。

【略歴】
歯科日常診療にプラセンタ療法、オゾン療法、鍼灸治療を取り入れ、口腔内科的な医療を提供すると共に歯科医師にとって重要な『咬み合わせ(顎位是正)治療』を主として行っております。福岡歯科大学卒。最終学歴:福岡歯科大学院修了。歯学博士(専攻口腔細菌学)

所属団体と主な役職
NPO法人日本咬合学会理事。日本医療・環境オゾン学会理事。オーラルプラセンタ医学研究会副理事長など

タグ:歯科医師
posted by IMJ2015事務局 at 15:17 | A私と統合医療

【第49回】河野 素道 先生

049河野 素道.jpg
2015年7月22日

『私と統合医療』



河野 素道(カワノ モトミチ)
(公社)山口県鍼灸師会理事

  私は、鍼灸治療を生業としている市井の一鍼灸師です。統合医療について多くを語れませんが、最近考えていることを書かせていただきます。

 私は、一応治療家ですので、毎日どう治療するかを考えているわけですが、しかし、治療するだけでは、問題は解決しないことが多いように思います。それは、私の腕のせいだけではなく、鍼灸師の扱う慢性病が、患者さんのライフスタイル、生活習慣が原因になっているからです。ですので、そこを改善しないことには、たとえ治療がうまくいって症状が緩和されたとしても、再発することがあります。そうなると、必要となってくるのは、患者さんによるセルフケアです。症状が出たのは、これまでの生活を見直すチャンスをもらったと考えて、少しずつでも生活や環境を変えていくようにすると再発することも減ってくると思います。このことは、どういった治療をするにしても大切なことではないでしょうか。

 さて、私の行っている鍼灸ですが、この治療法の眼目は、陰陽のバランスを整えるということですが、これは、自律神経のバランスを整えることです。種々の病気が自律神経のアンバランスから引き起こされることを考えると、鍼灸は、病気の予防を行っているとも言えるでしょう。治療後は、体が温まって、眠くなります。また、鍼には、刺さないものもあり、生後数か月の子供からご高齢の方まで幅広い世代の方々に治療することが出来ます。また、特に症状がなくても自律神経のバランスを整える治療はできますので、体のメンテナンスにぴったりの治療法だと思います。ですので、この鍼灸、うまく使ってくだされば、きっと多くの方のお役に立てると思います。あとは、私自身の腕を磨くのみです。

【略歴】
平成10年 東洋大学文学部卒業
平成17年 兵庫鍼灸専門学校卒業
平成20年より (公社)山口県鍼灸師会理事


タグ:鍼灸師
posted by IMJ2015事務局 at 15:03 | A私と統合医療