【第47回】富島 三貴 先生

047富島 三貴.jpg
2015年7月3日


『私と統合医療』



富島 三貴(トミシマ ミキ)
みゆきの里会長
医療法人博光会 理事長 


 「福祉の原点は在宅にあり。医療と介護の有機的な連携。予防が何よりも大事。」これは父が御幸病院を開設する時から掲げた理念3本柱になります。
昭和57年に病院を開設し、34年目に入りました。開設当時は特例許可老人病院としてスタートし、今日 地域包括ケア病棟や回復期リハビリテーション病棟、緩和ケア病棟などを有するケアミックス型病院として生まれ変わり、同一敷地に老人保健施設や特別養護老人ホームなど10施設20事業所を構える施設群となりました。健康長寿コミュニティヘルスのあるまちづくりがビジョンです。開設10年目、法人理事に着任した当時、老人医療のあり方自体が社会でも議論されていました。

 "寝たきり医療、社会的入院、薬漬け、スパゲティ症候群"など老人医療に身を置くものとして耳痛い言葉だらけでした。
「何とかしなければ」という想いの中出会ったのが 中国人気功師でした。中国では漢方、鍼灸はもちろん気功ですら医療として認められ実践している病院がある、と聞き、「そこに何か解決のヒントがあるかもしれない!」と北京へ視察に参りました。その後も上海や南京の各中医薬大学に行くことになりますが、伝統医学はまさに慢性疾患と高齢期の心身に優しくも効果ある医療であることを知りました。このことがきっかけとして、ホメオパシー、フラワーエッセンス、アロマセラピー、栄養療法などいろいろな自然療法にも興味を持ち、情報収集を行う うちに多くの医師やセラピストと出会ってきました。自然治癒力を引き出し、補ったり、バランスを取ったり、と現代西洋医学と組み合わせることでより一層の治療効果が生まれていくことを学んでまいりました。特に、統合医療を実践した一番身近な存在は父でした。高齢にも関わらず何度も手術を体験し、95歳の最期まで現役で仕事を続けることができたのも、統合医療のお蔭だと考えています。現代西洋医学に加えて漢方、フラワーエッセンスやホメオパシー、量子医学などで体調管理を行いました。私自身も漢方医にいつも脈を取ってもらいます。病にかかることなくハードな仕事を続けていられるのも漢方やサプリメントのお蔭だと思います。

 "予防が何よりも大事"〜高齢社会だからこそ考えなくてはいけないテーマです。1次〜3次予防の各ステージおいて統合医療は有効です。
最近は生活の基本である食事や運動の在り方を特に考えるようになりました。
栄養豊かな野菜や穀物を摂取し、適度な運動、そしてこころの持ち方、霊性といった分野も取り組んでいきたいと考えています。このように私たちは「高齢化の人間学」を学んでいると思いますし、高高齢社会において統合医療は益々その本領を発揮していくのではないかと思うと、まさにライフワークだと感じています。

【略歴】
熊本市出身、明治大学法学部卒
1984年 リクルート入社
1992年 父親が開設した病院の後を継ぐべく帰郷
    医療法人博光会常務理事就任
1994年 同理事長
2013年 社会福祉法人健成会副理事長
    保健・医療・福祉の有機的連携をキーワードに
    今日まで施設設備に注力
    統合医療の実現に向けて取り組んでいる
2013年 2月 グループ全体を統括する会長に就任


タグ:その他
posted by IMJ2015事務局 at 14:49 | A私と統合医療

【第44回】高橋 朋子 先生

2015年6月5日
044高橋 朋子.JPG



『私と統合医療』



高橋 朋子(タカハシ トモコ)
NPO法人1級フラワーセラピスト
フラワー教室Angel Bouquet主宰                 

「医学は日々進歩しているのに何故病人は減らないのだろう。」これは私の中の疑問でした。

そんな私も三十代に病気を体験しました。高校生の時、母を病で亡くした経験がある故、西洋医学だけではなくより効果的な方法を探し、"免疫療法"に出会いました。併用してサプリメントを服用し、気功も受けたところ驚異的な速さで完治したのです。西洋医学と代替療法の相乗効果を実感した時でした。

時が経ち私はお花を介して人の心を癒す"フワラーセラピスト"としてセラピスト育成・花育・ボランティア等をさせて頂いております。色が目に映ると、網膜から神経系を通って電気信号に変換されて脳に伝わり、それがどんな色かを感じます。その感じた色で心が落ち着いたり、元気になります。香りは鼻から脳の中枢の奥にある大脳辺縁系に伝わり記憶や感情に働きかけ、リラックスしたり興奮したりします。直接花に触れて頂くことで豊かな花の色や造形と香りで癒され、心を解放するサポートをします。多くの方にセラピーを体験して頂く中で日々「花の力」を実感せずにはおれません。後に友人の紹介で柴田理事長先生と出逢い、先生の志の高さと拡い御心、留まる事の無いチャレンジ精神に感銘し、山口IMJチームの片隅に加えて頂き感謝の気持ちで一杯です。仁田名誉会長先生より賜った有難いアドバイスとお言葉を胸に日々精進してまいる所存です。

統合医療という素晴らしい活動が拡がり患者様1人1人に合った医療が確立してゆき病人が減っていく 事を心から願うばかりです。
posted by IMJ2015事務局 at 15:58 | A私と統合医療

【第41回】鈴木 清志 先生

▲041鈴木 清志.jpg


『私と統合医療』

                       
鈴木 清志 (スズキ キヨシ)
一般財団法人MOA健康科学センター理事長
東京療院・MOA高輪クリニック院長

統合医療との出会い
 子どもの心臓病の専門医だった私は、300人にも及ぶ子どもの死と、それを見守るご家族の悲しみを見続けました。やがて私は現代西洋医学の限界を感じ、統合医療に惹かれていきました。JR品川駅前の東京療院(2013年より日本統合医療学会の認定施設)には2001年から勤務しており、ボランティア(MOA会員)の方たちのご協力を得て、日々60〜80人の来院者を受け入れています。

統合医療とは
 自民党国会議員による統合医療推進議員連盟が本年3月にまとめた報告書によれば、統合医療には「医療モデル」と「社会モデル」とがあって、医療モデルは生活習慣病の増加と高齢化による医療費の増大に対する具体策であり、社会モデルは健康長寿社会の実現のための具体策だとしています。この2つは互いに補い合って、自助(生活習慣を改善する自らの努力)と、共助(お互いの支えあい)による健康・医療システムとまちづくりを目ざします。

 MOAは、「農と食」「芸術・文化」「エネルギー療法」の3つを柱とする健康法を通して、お互いの生活習慣の改善を支え、身体的、精神的、そしてスピリチュアルなサポートを含む全人的な共助の構築を目ざしています。これは統合医療の概念に基づく自助と共助の具体的なモデルの一つだと思います。

日米英の統合医療のリーダーたちによる国際シンポジウム
 MOAは、米国アリゾナ大学のアンドルー・ワイル教授と英国国営保険サービス(NHS)連盟議長のマイケル・ディクソン教授をお招きし、日本統合医療学会の仁田新一理事長、渥美和彦名誉理事長、大阪大学の伊藤壽記教授のご協力を頂いて、本年4月末に国際シンポジウムを開催しました。厚生労働省や文部科学省など、統合医療に関連する7つの省庁の後援を頂き、東京と京都の両会場で4,000人もの人々にお集まりいただきました。ワイル教授もディクソン教授も、日本では多くの国会議員が統合医療推進のために活動し、関係省庁が今回のシンポジウムを後援したことに驚かれるとともに、統合医療を医療モデルと社会モデルに分けて整理したことに感銘を受けておられました。また、MOAの活動を高く評価して下さり、勇気づけられました。
 とは言え、MOA活動にはまだ課題が山積しており、試行錯誤の段階です。興味のある方は、ぜひ東京療院においで下さい。各種体験コースなどをご体験いただき、ご意見を頂ければ幸いです。

【略歴】
千葉大学医学部卒。医師、医学博士。専門は小児循環器学、統合医療。
榊原記念病院小児科などに勤務後、現在(一財)MOA健康科学センター理事長、
(医)玉川会理事長、東京療院・MOA高輪クリニック院長。

タグ:医師
posted by IMJ2015事務局 at 16:42 | A私と統合医療