【第28回】木村 慧心 先生

▲---木村 慧心.jpg



『専門分野からみた統合医療』


【氏名】木村 慧心 (キムラ ケイシン)
一般社団法人日本ヨーガ療法学会理事長
一般社団法人日本統合医療学会理事


ヨーガ療法が統合医療の末席に加えて頂いて既に10年近くが経ったと思う。当初の私たちは、世間一般のヨーガ関係者がそうであるような、ただ"こんなヨーガ技法があります""こんなことをしたら〜〜になりました"というような話しかできない状態での、統合医療への参加でした。これでは"医療"とは名ばかりの、"たまたま、こんな薬があったから、なめてみたら、案外に効いた!"というレベルのヨーガ指導報告でした。しかし、種々の医療関係者と一緒になって動く過程で「こんな状況では、クライアントの心身状態を見たてることもなく、その見立てに対して、理屈を持っての対処法も考えずに、ただ、自分の知っているヨーガ技法を指導している」のでは、クライアントの心身状態改善は無理であろうと思うに至りました。しかし、伝統的ヨーガは数千年を経ても今なおインドの地は勿論、全世界的に愛好され実習されているわけで、その実習理由は"心身の健やかさが増した!"という事実が数多く報告されています。現に3年前からのPubMedにおける投稿論文数を見ても、例えば、Yoga and cancerは118 →182 →222、Yoga and depressionは137 →267 →330と、増加の一途をたどっています。しかし、それら論文のどれを取っても見立て(診断)と指導(治療)の背景理論が書かれていないのが実情です。そこで私たち(社)日本ヨーガ療法学会では、私の40年前のヨーガ療法学習の恩師であり、当時唯一のヨーガ療法研究所でもあったカイヴァルヤ・ダーマ・ヨーガ研究所の名誉教授でもある医師のM.ボーレ先生や、世界心身医学会理事長でもあり現九州大学学長でもある久保千春先生はじめ、国内外の碩学の皆様のお知恵をお借りして、3年前に漸くにしてヨーガ療法の見立て理論と指導理論を分かり易くまとめることができました。この度の山口大会においても、そうした理論背景を持ってのヨーガ療法指導が報告されると思います。国内愛好者300万人とも言われるヨーガの世界での健康促進がどの様にしてなされるかを解き明かすヨーガ療法の"見立てと指導理論"を持って、これからも他専門分野の皆様方と我が国の医療のあり方に一石を投じて行きたいと思っています。

1947年  群馬県前橋市に生まれる
1969年  東京教育大学理学部卒業後、京都大学にて宗教哲学、
       インド カイバルヤダーマ・ヨーガ大学にてヨーガ療法を学ぶ
1977年  米子内観研修所開設し、内観瞑想法でヨーガ療法を実施
1981年  日本ヨーガ・ニケタン開設 スワミ・ヨーゲシヴァラナンダ大師より
      聖名(ギヤーナ・ヨーギ)を拝受して得度し、
      ラージャ・ヨーガ・アチャルヤ(阿闍梨)となり、ラージャ・ヨーガ指導を開始
1987年 sVYASA/スワミ・ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ研究所/
                ヨーガ大学院大学との協力の下でヨーガ療法士養成教育を開始
2003年 一般社団法人日本ヨーガ療法学会理事長に就任

現在、伝統的ラージャ・ヨーガを日本全国で指導の他にウパニシャッド聖典、ヨーガ・スートラ、バガヴァッド・ギーター、ブラフマ・スートラを講義。ヨーガ療法、内観法をもとに各種研修会、講演、伝統的ヨーガ修行指導等に従事。インドのスワミ・ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ研究財団(sVYASA)と協力してヨーガ療法士を養成中。2013年現在、(社)日本ヨーガ療法学会会員2400名。学会認定ヨーガ療法士1300名。日本全国でヨーガ教師、ヨーガ療法士養成講座を実施中。鳥取県米子市在住。

訳書・監修 「魂の科学」「実践・魂の科学」「ヨーガ医学大要」「真理への解放」
「科学で解くバガヴァッド・ギーター」   以上 たま出版
「よくわかる ヨーガ療法」「マタニティ・ヨーガ」「ベビー・ヨーガ」
「アシュタンガ・ヨーガ」「瞑想をきわめる」以上 産調出版 
「母と子のヨーガ」東方出版
共著 「生命の科学アーユルヴェーダ」柏 樹社  
著書 「実践ヨーガ療法」    産調出版

タグ:ヨーガ
posted by IMJ2015事務局 at 14:31 | C専門分野からみた統合医療

【第25回】小山 悠子 先生

小山悠子.JPG


『快適な歯科治療』

小山 悠子(コヤマ ユウコ)
医療法人社団明悠会サンデンタルクリニック理事長
日本統合医療学会代表代議員、指導医
日本歯科東洋医学会常任理事、専門医

 歯科治療には、「痛い、こわい!」というイメージがついてまわり、患者さんの早期治療を阻んでいることも事実です。従来歯科医師は、口腔内のみにとらわれ、患者の情動、性格、生活環境などは考慮せず、機械的、画一的な治療を行っていて当然というような診療態度・行動をとってきたように思います。実際にはこうした歯科治療のストレスは、患者だけでなく私達歯科医師サイドにも重圧となってかかっていることも否めません。なぜなら、一般医科の治療に比べて、歯科治療には患者さんから「抜かれた」「削られた」となにげなく表現されることに表れているように、「やられた」という攻撃イメージを抱かれやすい職業特性があります。

 このような特殊な歯科医療の現場において、「良好な術者―患者関係」という、より良い"場"の形成を心がけ、画一的でないHolisticな対応を行うには、この相補・代替医療(CAM)の導入こそが、歯科医療の短所を補う格好の手段であることを、過去三十年以上の私の臨床経験から、強く確信しています。

 抜歯をしてもインプラントのオペをしても、腫れたり痛くなったりせず、開口障害もすぐ口が開くようになり、楽になります。歯科治療が怖いという患者さんには、リラックスして眠れるように治療いたしましょう。このように、「痛くない、怖くない、治りの良い」治療として、統合医療は歯科診療になくてはならない大切なものです。
 実際には、手や顔面のツボに電極を貼付して刺激を与たり、頚肩部の指圧マッサージ、足の反射療法、鍼灸療法、サプリメントや漢方薬の投与、催眠療法、その他の代替療法を駆使して、歯科治療を行っています。

 最近では、口腔内の細菌が、「小さな殺し屋」と言われ、様々な病気の原因になっていることが、わかってきました。心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、心内膜炎、骨粗しょう症、糖尿病、胃潰瘍、肥満、腎炎、皮膚炎、関節炎、ガンなどです。
 誤嚥性肺炎も多く、手術前に口腔内をクリーニングしておくだけで、術後肺炎の発症率は、1/5になり、そのためにかかる医療費38.5兆円が、2.6兆円ですむという報告もあります。

 このように多くの全身疾患が歯科治療によって予防できることがわかってきているので、統合医療で怖くなく気持ち良い歯科治療を、みなさんに受けていただきたく思っています。

【略歴】
1980年 (医)社団明徳会福岡歯科理事長福岡明先生について、
       歯科東洋医学の講演、研究、執筆の助手、学会発表を始める。
1989年  医学博士取得
2010年  医療法人社団明徳会より独立
2011年  医療法人社団明悠会サンデンタルクリニック理事長
タグ:歯科医師
posted by IMJ2015事務局 at 16:58 | C専門分野からみた統合医療

【第22回】福岡 博史 先生

022福岡 博史.jpg


『歯科と統合医療』


福岡 博史 (フクオカ ヒロシ)
医療法人社団明徳会福岡歯科 理事長

 2014年に日本歯科医師会が全国10000人に対して調査した結果によると、全体の55%の人が歯や口腔に何らかの異常を感じているにもかかわらず、その中で歯科治療を受けていたのは、なんと18.4%でした。「かかりつけ歯科医」をもつと健康長寿になるというエビデンスがあるにもかかわらず、いまだ「歯科」への受診のハードルは高いようです。歯の治療は、痛い、怖い、不快である、それなら少しくらいなら我慢してしまおうということなのかもしれません。

 10年前、日本経済新聞にて「アメリカのかたち―変質する医療―」という特集記事の中で代替医療が紹介されました。内容は、がん治療でも、心疾患の治療でもなく、「ニューヨーク市のある歯科医は、治療に癒しを組み込んだ。痛い、怖いといった不安を取り除き『歯科治療を癒しの場に変えたかった』という。これがストレス社会に生きる米国人に受け、いまや"癒し系歯科医院"が全米に続々と登場しつつある。」という「歯科」の紹介でありました。これは私達が、歯科に代替医療を導入した最初の発想と同じで、削る・刺す・抜くといった侵襲性の強いイメージがある歯科治療を快適性の高い、ホリスティックな対応のできる医療にするためには、統合医療は必然であったのです。代替医療の導入は、従来の機械論的な歯科医療から脱却し、良好な術者―患者関係の「場」をつくり出すことができ、患者自身の自然治癒力を賦活することもできます。統合医療により快適な歯科診療空間をつくることによって、歯科受診率が上がり、さらに口腔ケアを続ければ、結果的に一般医療費は減り、これにより老人医療費を大きく削減できるという推定もあります。

 もうひとつ歯科における統合医療の意義は、「歯科」(口腔)と「医科」(全身)が切り離されている医療制度の中で、統合医療によりそのつながりが見える医療にすることができるということです。現在歯科でも、分析的な西洋医学だけで対応できない「生活習慣や環境に基づく難治性疾患」「歯周病と全身との関係」「咬合と全身との関係」「歯科材料の全身への影響」「摂食嚥下障害」「口腔心身症」などがクローズアップされてきており、統合医療への期待は大きいのです。

 統合医療を学び、未来の医療に希望を持たれている日本統合医療学会会員の皆様が、ぜひとも歯科で一言「統合医療を知っていますか?」と声をかけてみてください。その歯科医院が、「行きたくないところ」から「行きたいところ」へと変わるかもしれませんよ!

【略歴】
1983年 東京歯科大学卒業
1992年 医学博士(聖マリアンナ医科大学)
現在 日本統合医療学会理事(指導医)
日本歯科東洋医学会常任理事(専門医)他役職多数
タグ:歯科医師
posted by IMJ2015事務局 at 00:00 | C専門分野からみた統合医療