【第51回】笠井 正晴 先生

2015年7月29日051 笠井_R.JPG

『北海道における統合医療の歩み』



笠井 正晴(カサイ マサハル)
北海道鍼灸専門学校理事長、札幌北楡病院名誉院長、
(IMJ名誉会員、前IMJ北海道支部長)


渥美和彦先生(現名誉理事長)が1998年12月に日本代替相補伝統医療連合会議(現日本統合医療学会)を立ち上げられ、全国組織作りのため北海道でも会を立ち上げてほしいとの依頼が当時札幌北楡病院理事長(現社会医療法人北楡会会長)の川村明夫先生にあり、早速病院内に事務局を置き1999年度に支部を設立し研究会を開始しました。

代替医療も様々に呼ばれる中で現在は統合医療という表現でまとまるようになりましたが、代替相補伝統医療やほかの癒し方法との立ち位置がまず問題になりました。西洋vs東洋医学、先端vs伝統医療、治療vs予防・未病、医療vs非医療、医療国家資格vs無資格等さまざまな言葉が対峙する中、全体像と枠組み作りが問題でした。渥美先生のお考えはまず国家資格を有する人々の理解を得るところから始まりました。その後医療関係、ヒーリング、思想など多岐にわたる領域の方々の賛同を得、政治的にも働きかけ垣根を取り払った新たな領域として市民権を得るようになってきたわけです。

北海道でもまず医療関係者の理解を得るべく北海道医師会長(当時)の吉田信先生(故人)に初代北海道支部長をお願いし、医師、看護師をはじめ国家資格のある方々への宣伝をしさらに北海道鍼灸師会、柔道整復師会、薬剤師会の会長さんに北海道支部会の幹事になっていただきその後、気功、アロマ、心身、音楽、養生療法、食品関係などへと領域を広げる試みをしました。同時に全国会員数を増やすために会員誘致法は全国学会、地方支部会の別登録制ではなく全国学会に登録すると自動的に地方支部会員になるようにしました。この制度はのちに別個登録制となりましたが北海道支部は現在100名を超える会員数となっております。

次に統合医療を具体的にどのように実践できるかということが大きな問題でした。本来なら事務局のある札幌北楡病院のような中核病院が統合医療科を設置して外来部門を設けることにより実践と啓蒙活動も進むと考えました。しかし、実際に設備投資し外来、鍼灸師、気功,心理療法士、その他の部門をつくるために概算しても現行保険制度下では余裕もなく厳しく実行できないままです。また統合医療の諸領域のネットワークづくりをめざし大学も含め連合組織づくりを行いました。その間統合医療に造詣の深い熱意あるドクターが開業されて実践されて芽が開き始めているのが現状です。日本全国でも大学病院はじめ大きなセンターが実践し始めてくれておりますが政策による支援と医学教育での啓蒙が大きな柱と思います。企業がエコ活動や平和支援活動をしていることがインセンティブになるように統合医療を行っているということがインセンティブになってほしいと思います。

学会発展のためご尽力いただいております仁田新一理事長と柴田眼治大会長に感謝申し上げ大会の成功祈念申し上げます。

【略歴】
1948年札幌生まれ、1974年北海道大学医学部卒 第3内科入局、血液内科骨髄移植専門、1979年米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校オンコロジー部門研究員、1985年札幌北楡病院内科部長、米国シアトル、フレッドハッチンソンがん研究所研修、1987年より北海道大学医学部非常勤講師、2004年北海道鍼灸専門学校理事長、2007年札幌北楡病院院長、2010年同名誉院長、 父(故人)が鍼灸柔整師で北海道鍼灸師会、柔道整復師会会長を務めた縁で伝統医療と関わりあり。
(趣味:アウトドア関係、音楽)


タグ:鍼灸師
posted by IMJ2015事務局 at 11:31 | @統合医療との出会い

【第50回】廣田 健 先生

050廣田 健.jpg
2015年7月24日

『私と統合医療』



廣田 健(ヒロタ タケシ)
ひろた歯科医院 院長 



 大学院生時代に腰痛に悩まされていた私は、教授の薦めで鍼灸治療を受けました。施術してくださった先生は著書もある方で、施術を受けている途中から、腰の痛みが軽減していくのを感じました。それまでにも何度か腰痛で鍼灸治療を受けた事があったのですが、それとはまったく異なる体感でした。それ以来、東洋医学に興味を持ちました。

 2002年に、咬み合わせの不具合、いわゆるアゴずれが生体に及ぼす影響について学ぶ機会があり、私の顎ズレを是正(顎位是正治療)していただいた瞬間、大学院生時代に受けた鍼灸治療と同じ感覚を味わったのです。そうです、腰に感じていた違和感が瞬時に消え去ったのです。この体験が統合医療を始めるきっかけとなりました。
この体験をする前まで、歯の欠損を補う治療、歯根の治療と牙1本単位での治療に専念していましたが、顎位を重要視した歯科医療へと変化していきました。

 下顎骨は頭蓋骨、上顎骨から筋肉で吊り下げられた約1Kg重の骨で、舌骨を介して胸骨などから引っ張られています。下顎骨が身体の正中線を基準とし、前後左右どちらかに偏ると、姿勢が変化し、筋肉の弛緩・硬直が発現します。この筋肉の変化が肩こりや腰痛などの原因、さらには頸椎にも影響を与えると考えています。私が所属するNPO法人日本咬合学会では、20年に亘り、これらの症状と顎ずれの関係を研究し、関連性を明らかにしてきました。近年の研究結果では、脳機能に良い影響を与えている事も明らかになり、顎位の重要性がより一層解明されたのです。

 現在では、日頃からお付き合いのある鍼灸の先生と患者情報を共有し、アゴズレが原因と考えられる肩関節周囲炎や頸部の筋肉硬直、腰痛などの治療を顎位是正治療と経絡の刺激(鍼灸治療)で患者の症状緩和に努めています。
歯周病などの感染症治療も歯科医療として重要ですが、同一患者の情報を他科の先生と共有し、症状改善に向けた治療が今後、さらに重要になると感じています。今後も統合医療の重要性を後進に伝えていく所存です。

【略歴】
歯科日常診療にプラセンタ療法、オゾン療法、鍼灸治療を取り入れ、口腔内科的な医療を提供すると共に歯科医師にとって重要な『咬み合わせ(顎位是正)治療』を主として行っております。福岡歯科大学卒。最終学歴:福岡歯科大学院修了。歯学博士(専攻口腔細菌学)

所属団体と主な役職
NPO法人日本咬合学会理事。日本医療・環境オゾン学会理事。オーラルプラセンタ医学研究会副理事長など

タグ:歯科医師
posted by IMJ2015事務局 at 15:17 | A私と統合医療

【第49回】河野 素道 先生

049河野 素道.jpg
2015年7月22日

『私と統合医療』



河野 素道(カワノ モトミチ)
(公社)山口県鍼灸師会理事

  私は、鍼灸治療を生業としている市井の一鍼灸師です。統合医療について多くを語れませんが、最近考えていることを書かせていただきます。

 私は、一応治療家ですので、毎日どう治療するかを考えているわけですが、しかし、治療するだけでは、問題は解決しないことが多いように思います。それは、私の腕のせいだけではなく、鍼灸師の扱う慢性病が、患者さんのライフスタイル、生活習慣が原因になっているからです。ですので、そこを改善しないことには、たとえ治療がうまくいって症状が緩和されたとしても、再発することがあります。そうなると、必要となってくるのは、患者さんによるセルフケアです。症状が出たのは、これまでの生活を見直すチャンスをもらったと考えて、少しずつでも生活や環境を変えていくようにすると再発することも減ってくると思います。このことは、どういった治療をするにしても大切なことではないでしょうか。

 さて、私の行っている鍼灸ですが、この治療法の眼目は、陰陽のバランスを整えるということですが、これは、自律神経のバランスを整えることです。種々の病気が自律神経のアンバランスから引き起こされることを考えると、鍼灸は、病気の予防を行っているとも言えるでしょう。治療後は、体が温まって、眠くなります。また、鍼には、刺さないものもあり、生後数か月の子供からご高齢の方まで幅広い世代の方々に治療することが出来ます。また、特に症状がなくても自律神経のバランスを整える治療はできますので、体のメンテナンスにぴったりの治療法だと思います。ですので、この鍼灸、うまく使ってくだされば、きっと多くの方のお役に立てると思います。あとは、私自身の腕を磨くのみです。

【略歴】
平成10年 東洋大学文学部卒業
平成17年 兵庫鍼灸専門学校卒業
平成20年より (公社)山口県鍼灸師会理事


タグ:鍼灸師
posted by IMJ2015事務局 at 15:03 | A私と統合医療