【第48回】竹谷内 啓介 先生

048竹谷内 啓介.jpg2015年7月8日


『統合医療における
     カイロプラクティック業界の役割』



竹谷内啓介 (タケヤチ ケイスケ)
一般社団法人日本カイロプラクターズ協会(JAC) 会長


「統合医療」は西洋医学と代替医療を組み合わせた患者中心の広義の医療であると私は捉えています。統合医療は、病気治療の「メディカルケア」よりも病気予防や健康増進を目的とした「ヘルスケア」に焦点をあてています。

現在、日本では医師や看護師などの医療従事者と代替医療提供者が協力する環境が整備されておらず、患者の立場からすると西洋医学(現代医療)以外の選択肢として十分な情報をもとに代替医療を選ぶ機会はほとんどありません。そのため統合医療の普及には、医療従事者の代替医療への理解と協力が必要だと考えています。

カイロプラクティックは19世紀後半アメリカで発祥した脊椎マニピュレーションを用いて神経機能を回復させる徒手療法であり、世界90カ国以上に普及しています。WHO(世界保健機関)は(補完)代替医療として認知し、カイロプラクティックの専門教育と臨床業務についてのガイドラインを2005年に発行しています。多くの国々では大学でカイロプラクティックの専門科目を学んだのち資格を取得します。この資格は脊椎マニピュレーションの施術以外にもX線の撮影や筋骨格系に関する診断が認められています。一方、我が国では遅れを取り未だに国家資格ではありません。

日本カイロプラクターズ協会(JAC)では患者の安全を守る観点から、自主規制を業界内で周知させていくことを決定しました。2012年に独立行政法人国民生活センターが「手技による医業類似行為の危害−整体、カイロプラクティック、マッサージ等で重症事例も−」の報告書を発表し、センターから要請を受けた当会はカイロプラクティックの広告と安全性に関するガイドラインを作成しました。またWHOによる教育基準を満たしていない施術者の安全性を向上させる目的で医学知識やリスクマネジメントを重視した「安全教育プログラム」を開講しました。適正な教育基準を満たした施術者に対しては、日本カイロプラクティック登録機構(JCR)が毎年実施する登録試験に合格した者を登録し、定期的に厚生労働省へ登録者名簿を提出しています。 

こうしたカイロプラクティック業界の取り組みが、業界全体の安全性と倫理を底上げすることにつながります。統合医療を構成する未整備の代替医療を適切な基準で制度化することは、統合医療の信用を高めることに大変役立つと考えています。

【略歴】
2002年 オーストラリアRMIT大学カイロプラクティック学科卒業
2007年 アジア太平洋カイロプラクターズ連合副会長
2009年 国際カイロプラクティック試験委員会アジア太平洋地区代表
2011年 東京カイロプラクティック院長
2013年 一般社団法人日本カイロプラクターズ協会会長

posted by IMJ2015事務局 at 14:57 | C専門分野からみた統合医療

【第47回】富島 三貴 先生

047富島 三貴.jpg
2015年7月3日


『私と統合医療』



富島 三貴(トミシマ ミキ)
みゆきの里会長
医療法人博光会 理事長 


 「福祉の原点は在宅にあり。医療と介護の有機的な連携。予防が何よりも大事。」これは父が御幸病院を開設する時から掲げた理念3本柱になります。
昭和57年に病院を開設し、34年目に入りました。開設当時は特例許可老人病院としてスタートし、今日 地域包括ケア病棟や回復期リハビリテーション病棟、緩和ケア病棟などを有するケアミックス型病院として生まれ変わり、同一敷地に老人保健施設や特別養護老人ホームなど10施設20事業所を構える施設群となりました。健康長寿コミュニティヘルスのあるまちづくりがビジョンです。開設10年目、法人理事に着任した当時、老人医療のあり方自体が社会でも議論されていました。

 "寝たきり医療、社会的入院、薬漬け、スパゲティ症候群"など老人医療に身を置くものとして耳痛い言葉だらけでした。
「何とかしなければ」という想いの中出会ったのが 中国人気功師でした。中国では漢方、鍼灸はもちろん気功ですら医療として認められ実践している病院がある、と聞き、「そこに何か解決のヒントがあるかもしれない!」と北京へ視察に参りました。その後も上海や南京の各中医薬大学に行くことになりますが、伝統医学はまさに慢性疾患と高齢期の心身に優しくも効果ある医療であることを知りました。このことがきっかけとして、ホメオパシー、フラワーエッセンス、アロマセラピー、栄養療法などいろいろな自然療法にも興味を持ち、情報収集を行う うちに多くの医師やセラピストと出会ってきました。自然治癒力を引き出し、補ったり、バランスを取ったり、と現代西洋医学と組み合わせることでより一層の治療効果が生まれていくことを学んでまいりました。特に、統合医療を実践した一番身近な存在は父でした。高齢にも関わらず何度も手術を体験し、95歳の最期まで現役で仕事を続けることができたのも、統合医療のお蔭だと考えています。現代西洋医学に加えて漢方、フラワーエッセンスやホメオパシー、量子医学などで体調管理を行いました。私自身も漢方医にいつも脈を取ってもらいます。病にかかることなくハードな仕事を続けていられるのも漢方やサプリメントのお蔭だと思います。

 "予防が何よりも大事"〜高齢社会だからこそ考えなくてはいけないテーマです。1次〜3次予防の各ステージおいて統合医療は有効です。
最近は生活の基本である食事や運動の在り方を特に考えるようになりました。
栄養豊かな野菜や穀物を摂取し、適度な運動、そしてこころの持ち方、霊性といった分野も取り組んでいきたいと考えています。このように私たちは「高齢化の人間学」を学んでいると思いますし、高高齢社会において統合医療は益々その本領を発揮していくのではないかと思うと、まさにライフワークだと感じています。

【略歴】
熊本市出身、明治大学法学部卒
1984年 リクルート入社
1992年 父親が開設した病院の後を継ぐべく帰郷
    医療法人博光会常務理事就任
1994年 同理事長
2013年 社会福祉法人健成会副理事長
    保健・医療・福祉の有機的連携をキーワードに
    今日まで施設設備に注力
    統合医療の実現に向けて取り組んでいる
2013年 2月 グループ全体を統括する会長に就任


タグ:その他
posted by IMJ2015事務局 at 14:49 | A私と統合医療

【第46回】和辻 直 先生

2015年7月1日046和辻 直.jpg




『統合医療と鍼灸医療』


和辻 直(ワツジ タダシ)
明治国際医療大学 基礎鍼灸学講座・教授 

 統合医療には期待が大きい。今後の医療の大きな役割を担ってくれると感じているからである。日本は超高齢社会に突入し、疾病構造の変化、治療医療から予防医療への転換などが始まっており、従来型医療の変革が求められている。

 統合医療は全人的医療で患者中心の医療は言うまでないが、実際にそれを実践できているのか?というと現場では色々な難題に直面する。一つはチーム医療であり、その現場は多様であって、統合医療が目標としているチーム医療を実現できているのは、まだ数えるほどではないかと思う。しかし、患者は統合医療を実践してほしいと願っており、そのニーズに応える医療機関が僅かであるが増えてきている。

 今から30年以上前に京都に鍼灸大学が誕生し、「東洋医学と西洋医学を調和する真の医学を求めて」という願いで開学された。私も当時、別の医療職種を志していたが、その建学の精神に惹かれ、京都丹波の地に入った。その選択は誤りではなく、予想に以上に多くのこと学び、体験することができた。その理由は附属病院での貴重な実践体験である。統合医療的なスローガンはあったものの、実際は苦難が多くて試行錯誤の日々である。先に述べたとおり、統合医療の実践は附属病院や統合医療センターなどで一部分はできているが十分ではない。最近になって本学でもようやく、在宅医療において訪問診療・訪問看護・訪問薬剤・訪問リハビリに、在宅鍼灸といったチーム医療の実践ができる一歩を踏み出した。

 鍼灸に限って言えば、補完医療や代替医療の代表選手であるが、日本の医療の枠組みには入っていない。今後も医療制度の問題で保険医療への組み入れは難しく、混合診療における対応が望まれる。日本の鍼灸医学の良さは、時代に応じて変容してきたもので、決して伝統医学(東洋医学)のみに偏ってはおらず、鍼灸師の国家試験も現代西洋医学と東洋医学が出題されるために、それら両方を学習しなければいけない。また鍼灸の良さは低コストの医療で、エコ医療でもある。医療費が高騰する現在、医療コストがかからない医療が今後求められる。さらに鍼灸診療における科学的根拠は重要な課題であり、山口大会のテーマ『Art&Science with Humanity』に深く関係している。本大会で、これらの課題が多く議論され、新たな展開として導かれることを期待している。


【略歴】
1987年     明治鍼灸大学 鍼灸学学部 卒業
1987〜1989年 明治鍼灸大学附属 研修鍼灸師
1989〜1991年 明治鍼灸教員養成施設 卒業
1991〜1994年 明治鍼灸大学 東洋医学教室 助手
1994〜2004年 明治鍼灸大学 鍼灸診断学教室 講師
2004年     博士(鍼灸学)(明治鍼灸大学)
2004〜2015年 明治鍼灸大学・大学院 東洋医学基礎教室 助教授
2015年〜現在    明治国際医療大学 基礎鍼灸学講座 教授
        同大学大学院 基礎鍼灸学T(伝統鍼灸学)教授
日本統合医療学会 代表代議員、全日本鍼灸学会・諮問委員 認定鍼灸師、
日本中医学会 評議員など


タグ:鍼灸師
posted by IMJ2015事務局 at 16:42 | C専門分野からみた統合医療