【第39回】藤井 義博 先生

▲039藤井 義博.JPG


『高次精神による主体的な健康創造』

藤井 義博 (フジイ ヨシヒロ)
日本統合医療学会 北海道支部長
日本統合医療学会 監事

 筆者は法律を勉強してから医学を志した。そして大学院では "脱がん療法"である白血病の分化誘導療法の研究に内科医として携わった。現在は"大学生の食育"と健康教育に携わるとともに大学運営にも関わっている。とりわけ大学生が自らの健康を創造できるよう手助けをしている。

 統合医療との出会いは、米国で白血病分化誘導療法の研究生活を送っていた昭和から平成に移った頃に遡る。それは、Bernie Siegelによる「Love, Medicine and Miracles(愛と医療と奇跡)」という著作との出会いであった。シーゲル先生は、単なる外科医であることを辞めて、代替医療の実践を始められた方であった。その衝撃は大きく、帰国後は"こころの分化誘導療法"に取り組もうと"密かに"思ったりした。

 操体法の橋本敬三先生は、「健康は、生活の結果であるから、他人の力で与えられるべきものではなく、自ら創造すべきである」と云われる。筆者は、この主体的な健康創造のアイディアに共鳴する。しかしそれを実現しようとすると、近代西洋医学が採用している一連の物質的変化過程として、機械論的ないしは生物科学的・生命科学的に把握された身体観および歴史的文化的文脈における精神を排除した人間観では不十分であるばかりかその妨げになるもとの思いを抱かざるを得ない。なぜなら17世紀のルネ・デカルトを中心とする機械論哲学および18世紀のフランス啓蒙主義哲学に遡る近代西洋医学の枠組みは、自らの健康を考え、健康の自己管理を志すうえで相応しい身体観・精神観である保証はないからである。

 むしろ精神を生物科学的のみならず歴史的文化的文脈においても把握するならば、健康の自己管理は、高次精神文化の養いを受けて、よりいっそう豊かなものになると思われる。例えば、お遍路は、日本の高次の精神文化である。病であれ、失業であれ、愛するものの死であれ、喪失を胸に秘め、人生の意味を求めてひとり旅だったとしても、この文脈に身を投じると、それはすでに孤独なひとり旅ではない。弘法大師と同行二人の巡礼に転調する。遍路の作法において、先人の知恵とつながる。地元の人々の伝統の「お接待」に利他的行為の可能性を経験する。そして同行の「先達さん」から直接お遍路の意味を継承する。統合医療者は、生活法を通じて、個々人が健康を自ら創造するためのよき伴奏者なのだと思う。

【略歴】
京都大学法学部卒業
北海道大学医学部卒業
藤女子大学 副学長・教授
日本死の臨床研究会 世話人・国際交流委員長
全国大学保健管理協会 理事 
全国大学保健管理協会 北海道地方部会 代表世話人
日本スピリチュアルケア学会 理事


タグ:医師
posted by IMJ2015事務局 at 16:48 | @統合医療との出会い

【第38回】中島 旻保 先生

▲038中島 旻保.JPG


『近代医療に求められるもの』


中島 旻保(ナカシマ フミヤス)
中島カイロプラクティックセンター院長 中島旻保 D.C
米国政府公認ドクター 
統合医療学会代議員 

 21世紀に入って医療はものすごく変貌してきた。未来型最新医療が急速に伸び、昔から行われていた医療が徐々になくなってきた。しかし、未だ患者中心の医療ではなく医療者中心の医療になっている。

疾病を治療し、症状や症候を緩和する方法では2つあり、昔からある「原因療法」と近代医学の根本になっている「対症療法」とである。人間の心身全体を診て原因を追究することが真の医療であるが、昨今、医療は趨勢になり疾病のみを治療することがベストと考え実践されている。

 未来型医療は必ずしもハイテクばかりを使った医療ではなく従来から行われている医療を混合して行うことが根本療法につながってくるのではないだろうか。これが健康で幸せな一生を送るためどうするかという視点につながる。患者さんのクオリティーオブライフQOL(生活と人生の質)を追い求めることがそれに見合った医療方法ではないか。

 医学の父ヒポクラテスの考え方は人間を一個体として考え、その中に心と体そして生命を宿し自然の形で無理のない治療を施すことが人間の安全性であり、それが幸せにつながるとしている。医療は患者さんと医療者の信頼関係がもっとも重要な事柄であり患者の救命や健康回復が最優先で行われるべきものである。

 近年、我々の行なうカイロプラクティックも経験や勘でおこなわれてきた従来の方法から最新医療機器を使った検査で異常個所を見つけ出し、適切な処置を施すことが最良と考えられて来ている。新しい「ソフトウェア」などを駆使して行うことがこれからの近代医療の方向性を見極める上では大切ではないだろうか。医療の主体は患者さん自身である。患者さんが求める医療をより正確に提供していくことがこれから求められるものになっていく。その意味から我々の分野でも立体的姿勢分析プランニングシステム(3次元コンピューターグラフィック(3DCG・three dimensions computer graphics)のコンピューター分析を用いて身体のDiagnosis(診断)を行うことが出来る時代に入ってきた。3DCGで患者さんの状態を把握して立体像を作成して、身体の筋・骨格系の読影が可能になった。つまり、これまで立体的に分かりえなかった異常(歪み)部位をあらゆる方向から読み取れることが出来、術前術後の比較が容易になりそれによって症状が消失し、負傷部位が確実に回復することが出来る。

 この分野がさらに研究され臨床に用いられれば我々が新たな治療分野として発展していくと考えられる。MRIやレントゲンだけの診断から3DCGを使った方法を加えることによって原因療法を見つけ出すことが出来る。

 これがこれからの未来型近代医療の一端となれば素晴らしいことである。統合医療により良い物を持ち寄って治療することこそ患者さんの喜びにつながっていくと信じてやまない。 
医療から予防医療、そして健康医療に発展していけば多くの方々が苦しまずに安全な治療を受けられる、それが尊厳ある生き方につながる。

                                      
【略歴】
米国アイオワ州パーマーカイロプラクティック(医科系)大学卒業。
その間、解剖学・神経学などの基礎医学をはじめ、小児科学・産婦人科学、その他心理学など幅広く習得。さらに卒業後教育にて、臨床診断学・X線学を専攻、独自の自然医療を確立・実施する。その医療技術と人柄から、政財界、芸能界、スポーツ界をはじめ医師などからも絶大な信頼を得ている。診療の傍ら講演、雑誌や医学誌への執筆など幅広く活躍中。
日本カイロプラクティック評議会会員。
日本統合医療学会代議員。
ゲノムドクター認証医学会資格。

〈著書〉
首回り健康法(実業之日本社) 
ヒポクラテスが教える「癒す力50」(かんき出版) 
O型は深夜に焼き肉を食べても太らない(講談社) ほか多数

タグ:医師
posted by IMJ2015事務局 at 17:02 | D統合医療に期待していること

【第37回】中井 吉英 先生

▲036中井 吉英.jpg


『統合医療への期待』 


中井吉英(ナカイ ヨシヒデ)
関西医科大学名誉教授 
弘正会西京都病院名誉院長・心療内科部長


 ノースランド大学のトマス・P・カスリス教授は「世界の偉大な十字路である日本は、すべての社会の未来像を先取りしている」と述べている(湯浅泰雄著「身体論―東洋的心身論と現代」講談社学術文庫 1996年)。西洋と東洋(医学においては西洋医学と東洋医学を含む非西洋医学)を統合することが、世界におけるわが国の使命ではなかろうか。

 医学を含むあらゆる領域で、新たな価値観の構築が急務である。それなしにこのまま科学技術が発展すると、人類を含む地球上の生命が絶滅することは明白である。唯一絶滅から救はれる道は。西洋的価値観と東洋的価値観の統合である。医学・医療においても、西洋医学(最新の医療技術も含めた)と非西洋医学が統合され初めて完成された医学・医療となる。欧米では二つの医学が別個に行われている。東西の十字路であるわれわれ日本人に課せられた使命は両者の統合とその実践である。

 統合医療がわが国で発展するための条件は何か。先ず研究方法の開発が急務である。西洋医学の研究方法である原因―結果といった線形の要素還元主義による方法では、統合医療の治療効果を含めたエビデンスを明らかにすることはできない。次に統合医療による@医療費の削減、AQOLを含めた国民の満足度の調査と研究が必要であろう。また、西洋医学と非西洋医学における治療法のどのような組み合わせが、いかなる病気の治療や予防および健康維持に効果があるか、といった研究が必要であろう。

 また、医療を変える力は国民にある。わが国に統合医療が根づくためには、国民の声により国が動かされるようなわれわれの活動が必要である。そのためには統合医療のモデルケースとなる大学、病院、クリニックの全国規模の設立が急務であろう。今後中心となって医療に関わるのは患者でありその家族である。彼らと協同するために、医療に携わるあらゆる職種の人たちがネットワークを作り情報を交換しつつチ−ムとしての活動が期待される。   

 日本統合医療学会は、このような活動を推進するためのネットワーク作りの中心となって、研究成果の発表、ストラテジーの構築とその実践のための重要な場として発展することを期待している。

【略歴】
1969年 関西医科大学卒業  同大学大学院医学研究科入学(内科学専攻) 
1983年 九州大学医学部心療内科 講師
1993年 関西医科大学内科学第一講座 教授
2000年 関西医科大学心療内科学講座 初代教授 
2004年 日本心身医学学会理事長(歴任)
2008年〜認定NPO法人日本心療内科学会理事長
2009年〜関西医科大学名誉教授ほか


タグ:医師
posted by IMJ2015事務局 at 17:04 | D統合医療に期待していること